Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

李牧の最後の死因はなに?王翦との戦いではどちらが勝ったの?

Pocket

大人気漫画”キングダム”で敵でありながらも味方さえ予測できないような、策略さくりゃくを次々と繰り出す李牧りぼくは人気キャラの一角ですね。

史実しじつでも長い歴史を持つ中国で”名将めいしょう”といわれています。

李牧りぼくが現代でも名将めいしょうと言われるのは、同じ時代を生きしん建国の最大の功労者と言われる王翦おうせんからちょうを守り続けたことにあります。

実際にこの時代の李牧りぼくがいたちょう王翦おうせんがいたしんでは、圧倒的に国土が大きいしんが有利で兵の数もちょうは負けていました。

圧倒的な国力の差と名将めいしょうと言われる王翦おうせんから国を守り続けたことから、李牧りぼくは紛れもない名将めいしょうと言えるでしょう。

しかし、名将めいしょうであるからと言って必ず穏やかな最期が遅れるというわけではありません。

むしろ名将めいしょうと言われた中で悲惨な死で最期を迎えた人のほうが多いです。

李牧りぼくも残念ながら悲惨な最期を遂げた人物の一人でした。

今回は李牧りぼくの最後について追っていきたいと思います。

Sponsored Links

李牧が大将軍に任命される


元々李牧りぼくちょうの北の国境付近で異民族いみんぞくに対する守備隊長の任についていました。
北の国境で大活躍した李牧りぼくは、廉頗れんぱなどが抜け出し人材不足となったことで大将軍の地位につきます。

大将軍となった翌年には攻めてきたしん桓騎かんきをいきなり打ち破る活躍を見せることになります。

因縁の対決 李牧 VS 王翦

前回、李牧りぼくにしてやられたしんは今度、王翦おうせん楊端和ようたんわ羌瘣きょうかいに兵を指揮させてちょうを攻撃します。

ちょうのほうは李牧りぼくとまだまだ知名度が低い司馬尚しばしょうの二人です。

名実ともにキングダムの最強が決まると思われたこの一戦ですが、この戦いは斜め上の事態を迎えます。

李牧の最期

前回、李牧りぼく桓騎かんきを討たれるなど苦い目にあったしんは、王翦おうせんといえども負けるのではないかと考えていました。

そこで考えたのが李牧りぼくを陥れることです。

当時のちょう王の側近そっきん郭開かくかいという人物がいますが、この郭開かくかい賄賂わいろつまりお金に非常に弱かったのです。

このことを利用したしん郭開かくかい賄賂わいろを渡し、李牧りぼくが反乱を企んでいるとちょう王に吹き込ませるようにしました。

賢明な王様であれば王翦おうせんに対抗できるのは李牧りぼくしかおらず、李牧りぼくを解任してしまうとちょうが敗れるのは目に見えていました。

しかし、当時のちょう王は歴史に残る暗君あんくんで、李牧りぼくをとらえて処刑してしまうのです。

Sponsored Links

趙の最期

ちょうの最後の希望といっても過言ではない李牧りぼくを失ったことは、ちょうにとってまさに命綱を切る行為でした。

李牧りぼくの後任に新たな将軍が来ましたが、王翦おうせんにかなうはずもなくすぐさまやられてしまいます。

そして李牧りぼく処刑からわずか3ヶ月でちょうは滅亡の憂いにあってしまいます。

ちょうの滅亡を知った李牧りぼくはあの世で何を考えていたのでしょうか?

それ見たことかと思ったのか・・・それとも悲しんでいたのか・・・・

キングダムの最新刊・最新話を無料で読む方法


以上、キングダムに関する記事でした。
今回の記事を読んで、

漫画自体読んでみたくなった
という方にお勧めなのがU-NEXTです。
U-NEXTは
ポイント
1.1か月間の無料体験ができる!
2.ポイントで漫画・雑誌が1冊見れる!
3.多くの漫画や雑誌が配信されている
4.アニメ・ドラマ・映画が9万本無料!
5.アダルトも1万本以上見れる!
無料体験中の600ポイントでキングダムの最新刊や、キングダムが連載されているヤングジャンプを購入することができます。

登録自体も簡単で、解約もすぐできるのでこの機会にキングダムの最新刊・最新話を読んでみてくださいね。

もし解約方法がわからず不安という方は以下の記事をご覧ください。
U-NEXTを今すぐ解約する方法を画像付きで解説!無料期間中でもラクラク解約!


一か月無料プラス600p付き

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です