桓騎は史実でも扈輒軍10万人を処刑した?虐殺から見える秦の事情!

Pocket

この記事を見に来てくださった方に行っておかないといけないことがあります。

それは桓騎かんきが自分の意志で捕虜ほりょを処刑したわけではないかということをこの記事では伝えたいと思っています。

ここで大切なことは自分の意志の部分です。

つまり桓騎かんきは命令されて処刑を行った可能性があると考えています。

それでは誰から命令されたのか?

史実しじつから順を追って解説していきたいと思います。

Sponsored Links

桓騎と扈輒の戦いの史実

キングダムの時代である戦国時代末期のことを記されたものは何冊かありますが、その中でも正史せいし(正当なものと認められたもの)は史記しきという書物です。

この中でも桓騎かんきにかかわるところはいくつかあります。

まずは始皇帝しこうてい(しん王・嬴政えいせい)の事柄をまとめた”しん始皇本紀”の文章を抜粋してきました。

桓齮攻趙平陽,殺趙將扈輒,斬首十萬。
”史記”「秦始皇本紀」より抜粋

コチラはかん文なのでざっくりと訳すると

桓騎かんきちょう平陽へいようを攻め、将軍・扈輒こちょうを殺し10万人を斬首した。ということです。

ここでははっきりと桓騎かんきが10万人を処刑したと書かれていますね。

キングダムでもここの文章のとおりにストーリーが展開されていきました。

ここだけみると桓騎かんきが処刑したのは処刑したのは疑いようがないように思えます。

史記しきの記述は紀伝体きでんたいという形式で書かれていて、たとえばこのしん始皇本紀は嬴政えいせいの歴史を順を追って書かれたものです。

平陽へいようの戦いは史記しきの他の場所にも書かれていて、それは”ちょう世家”と”廉頗れんぱ蘭相如らんそうじょ列伝”というところです。

この2つには桓騎かんきが10万人を処刑したとは書かれていません。

廉頗れんぱ蘭相如らんそうじょ列伝には桓騎かんきの名前は登場せず、ちょう世家には処刑も桓騎かんきのこともかかれていません。

なぜ秦始皇本紀にしか書かれていないのか

『キングダム』(C)原 泰久/集英社

桓騎かんきが10万人を処刑したというのはしん始皇本紀しか書かれていません。

なぜ史記しきの著者・司馬遷しばせんはそこにしか書かなかったのか。

それはしんが書いた歴史書にそう書かれてあったからではないかと思います。

しんが書いた歴史書は現代で存在しているものはありませんが、おそらく史記しきが書かれた時代にはまだ残っていたのではと思います。

その場合、始皇帝しこうていが10万にを処刑したとするにはあまりにもイメージが悪いです。

しん始皇本紀では始皇帝しこうていにマイナスイメージがつくものも書かれていますが、大量に直接虐殺のようなものをしたことは書かれていません。

もし、始皇帝しこうていが命令して桓騎かんき捕虜ほりょ10万を処刑させたとしても、桓騎かんきが独断にやったことのように書いても不自然ではないでしょう。

なぜそのように考えるというと、先ほどの原文のあとに少し不思議な文章があります。

王之河南
”史記”「秦始皇本紀」より抜粋

この文章はしん王・政が河南に行ったという文章です。

これが桓騎かんきの処刑の後に書かれています。そしてしん王が河南に行ったあと何をしたかは書かれていません。

この文章が少し引っ掛かります。

あたかも桓騎かんきが命令違反をしてそれを王が追及するために行ったように書かれています。

キングダムでも桓騎かんきの処刑のあと、しん王が桓騎かんきを問いただしていますがそれは史実しじつに書かれているものではありませんでした。

個人的な見解ですが、しん王・政が桓騎かんきに命令して捕虜ほりょを処刑させその罪を桓騎かんきにかぶせたのではないかと思います。

Sponsored Links

なぜ趙兵10万人は虐殺されたのか?

それではなぜ、しん王・政は捕虜ほりょを処刑したのでしょうか。

現代の価値観では捕虜ほりょの処刑は褒められたことではありません。

当時でも少なからずその認識はあったでしょう。

さらに敵が降伏こうふくしても殺されてしまうのならと、抵抗が強まることも考えられます。

秦王・政の私怨

『キングダム』(C)原 泰久/集英社

しん始皇本紀の文章にちょうを滅ぼした後以下のことが書かれています。

秦王之邯鄲,諸嘗與王生趙時母家有仇怨,皆阬之。
”史記”「秦始皇本紀」より抜粋

訳すると、しん王・政は邯鄲かんたんにはいり母・太后たいこうの実家と揉めている者を生き埋めにして帰っていったとあります。

キングダムで書かれることはありませんが、史実しじつしん王・政はこういった残虐なこともあります。

元々、政はちょうで生まれておりその際にあまり扱いが良くなく生死さえ危うい状況に置かれていました。

このちょうに対する恨みが捕虜ほりょの処刑にいたったとも考えられます。

捕虜を扱えなかったから

いくら恨みがあったとはいえそれだけで10万人も処刑するとは考えていません。

むしろこれから書くことのほうが本当の理由で、私怨はそこまで大きな理由ではなかったでしょう。

始皇帝しこうてい捕虜ほりょ10万を処刑した理由は、捕虜ほりょの扱いに困ったからです。

捕虜ほりょ10万をただ維持するだけでも莫大な食料と水、そして監視の人間がいります。

敵地に攻め込んでいるしん軍にとって大きな問題です。

もとちょう軍のため安易にちょうを攻めさせる兵隊にすることもできず、しんに連れて帰ろうにも大変な労力です。

もし輸送中に脱走でもされたら、その捕虜ほりょは再びちょうに戻り戦う羽目になります。

こうなってしまったら元も子もありません。

そのため政は捕虜ほりょを処刑するしか道がなかったのかもしれません。

キングダムの最新刊・最新話を無料で読む方法


以上、キングダムに関する記事でした。
今回の記事を読んで、

漫画自体読んでみたくなった
という方にお勧めなのがU-NEXTです。
U-NEXTは
ポイント
1.1か月間の無料体験ができる!
2.ポイントで漫画・雑誌が1冊見れる!
3.多くの漫画や雑誌が配信されている
4.アニメ・ドラマ・映画が9万本無料!
5.アダルトも1万本以上見れる!
無料体験中の600ポイントでキングダムの最新刊や、キングダムが連載されているヤングジャンプを購入することができます。

登録自体も簡単で、解約もすぐできるのでこの機会にキングダムの最新刊・最新話を読んでみてくださいね。

もし解約方法がわからず不安という方は以下の記事をご覧ください。
U-NEXTを今すぐ解約する方法を画像付きで解説!無料期間中でもラクラク解約!


U-NEXT
◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です