【キングダム】上和龍(じょうかりゅう)は史実で実在か?岳雷の死亡は油断したからか?

キングダムに出てきた新キャラ「上和龍じょうかりゅう」。

左目に2本の傷があるダンディなおじさんキャラでしたね。

 

 

戦場ではいきなり岳雷がくらいを討ち取り強キャラ感満載での登場でした。

今後信とどのような戦いを見せてくれるか楽しみなキャラクターです。

 

 

このページでは、上和龍じょうかりゅう史実しじつで登場するのかそしてその強さについて考察こうさつしていきます。

それでは解説はじめ!!

上和龍(じょうかりゅう)の概略

『キングダム』(C)原 泰久/集英社

上和龍じょうかりゅうちょうの国にある都市・青歌せいかにいた将軍です。

青歌せいか城の城主は李牧りぼくとともにちょうを守った英雄・司馬尚しばしょう

 

 

上和龍じょうかりゅうの初登場は桓騎かんき軍が扈輒こちょう軍を倒し捕虜ほりょ10万人を処刑した後、再びちょう軍を率いることになった李牧りぼくとの会議の場面です。

 

 

李牧りぼくは2日間こもりきりしんへの対抗策を考えていました、上和龍じょうかりゅうはそこで李牧りぼくの発言を求められるわけでもなくただいるだけの状態。

作中で話したのは同じく青歌せいか城の同僚どうりょう楽彰がくしょうと話しただけ

圧倒的にモブキャラの雰囲気で登場しました

 

 

 

上和龍じょうかりゅうが戦場に出てきたときは、楽彰がくしょうとともに飛信隊ひしんたいと戦いでした。

戦場で飛信隊ひしんたいと激突しましたが、ここからが上和龍じょうかりゅうの見せ場!!

 

 

飛信隊ひしんたいの先頭は元麃公ひょうこうの主力部隊である飛麃ひひょう隊でした。

精強せいきょうな強さを誇る飛麃ひひょう隊はちょう軍に向かって前進していきますが、そこに割って入ったのが上和龍じょうかりゅう

またたく間に飛麃ひひょう隊数人を一振りで屠ると、隊長である岳雷がくらいも一瞬で切り捨てる活躍を見せました。

Sponsored Links

上和龍の史実での記載

キングダムは実際の歴史である中国の戦国時代後期の話がもとになっています。

始皇帝しこうていが活躍した時代といえばわかりやすいと思います。

 

 

この時代の正式な歴史として認知されているのは”史記しき”という書物です。

キングダム本編でも「しん始皇本紀しこうほんぎより」と書かれているのが見えますが、これこそ史記しきから原先生が参照している証拠。

しん始皇本紀しこうほんぎ史記しきの中の一部分です。

 

 

 

そして、上和龍じょうかりゅうはこの子の史記しきの中に登場するかというと、登場しません。

ちょうの国では廉頗れんぱ蘭相如らんそうじょ李牧りぼく司馬尚しばしょうなどが登場しますが、上和龍じょうかりゅうの名前はありませんでした。

 

 

それならばと、史記しきと同じく戦国時代後期のことが書かれた”戦国策せんごくさく”という書物を見てみました。

しかし、結果は史記しきと同じく上和龍じょうかりゅうの名前は出てこないためキングダムのオリジナルキャラクターだと思われます。

始皇帝しこうていの時代を欠いた歴史書は他には燕丹氏えんたんしというものもありますが、こちらはちょうのこと自体ほとんど書かれていません。

上和龍じょうかりゅうのことがこの書物に書かれていた!」というかたは是非ぜひご連絡をお願いします。

 


 

Sponsored Links

岳雷が死んだのは油断したから?

『キングダム』(C)原 泰久/集英社

威勢よく上和龍じょうかりゅうに突っかかりあえなく返り討ちにあった岳雷がくらいさん。

仲間の死に冷静さを失ったためやられたようにも見えます。

岳雷がくらい上和龍じょうかりゅうと冷静に戦った場合、勝つことはできたのでしょうか。

 

 

答えはノー。

上和龍じょうかりゅうに一撃でやられているあたり力の差は相当開いている様子。

冷静に戦って逃げることはできても勝つことはまずないでしょう。

 

 

それでも麃公ひょうこう飛信隊ひしんたいを支えた功績がなかったことにはなりません。

岳雷がくらいさんお疲れさまでした!

上和龍の強さ

登場するなりいきなり岳雷がくらいを切り捨てた上和龍じょうかりゅうはどれくらいの強さなのでしょうか。

上和龍じょうかりゅうは自身のことを「ちょう随一の武将」といってます。

 

 

あれ、おかしい・・・・ちょうには「我、武神」こと龐煖ほうけんさんがいたはず。

多分、現在残っているちょうの将軍の中での話なのでしょう。

 

 

誤解を恐れず個人的に上和龍じょうかりゅうを勝手にしんの将軍たちと比較すると、

とう以下王賁おうほん以上の実力者だと考えています。

 

 

本編で岳雷がくらいを倒したことで信との戦いフラグが立ちまくっていますが、

信と戦い上和龍じょうかりゅうは負けることでしょう。

信は歴史的に死亡することはありませんので上和龍じょうかりゅうの負けは必至。

もともと、敗戦国にいた上和龍じょうかりゅうの末路は悲惨な結末を迎えることでしょう。

キングダムの最新刊・最新話を無料で読む方法


以上、キングダムに関する記事でした。
今回の記事を読んで、

漫画自体読んでみたくなった
という方にお勧めなのがU-NEXTです。
U-NEXTは
ポイント
1.1か月間の無料体験ができる!
2.ポイントで漫画・雑誌が1冊見れる!
3.多くの漫画や雑誌が配信されている
4.アニメ・ドラマ・映画が9万本無料!
5.アダルトも1万本以上見れる!
無料体験中の600ポイントでキングダムの最新刊や、キングダムが連載されているヤングジャンプを購入することができます。

登録自体も簡単で、解約もすぐできるのでこの機会にキングダムの最新刊・最新話を読んでみてくださいね。

もし解約方法がわからず不安という方は以下の記事をご覧ください。
U-NEXTを今すぐ解約する方法を画像付きで解説!無料期間中でもラクラク解約!


U-NEXT
◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です