【キングダム最新723話ネタバレ】青歌軍を突破するも余裕の李牧!

Pocket

前回、722話のキングダムでは羌瘣きょうかいの活躍によって青歌せいか軍突破の口火が切って落とされました。

 

 

しかし、羌瘣きょうかいはほとんど孤軍奮闘状態で力をずっと使い続けている状態。

はたして突破するまで羌瘣きょうかいの力は持つのでしょうか?

 

 

そして後方から戦況せんきょうを見続ける李牧りぼくの次なる一手は何を繰り出すのか?

それではキングダム723話のネタバレを始めさせていただきます。

羌瘣が道を切り開くも戦闘不能に


外から青歌せいか軍を突破してきた羌瘣きょうかいは、うちにいる信と共鳴して飛信隊ひしんたいを突破させようと奮起していました。

しかし、そこで現れたのが上和龍じょうかりゅう副将ふくしょう・豪座公。

 

 

名前も顔つきもツワモノ感満載で苦戦も必至かと思われたところ、羌瘣きょうかいによってまたたく間に星になりました。

今回の羌瘣きょうかいの活躍は楽華がくか軍・飛信隊ひしんたいの中でもずば抜けています。

 

 

しかし、あれだけの激しい戦闘をした分呼吸も長く維持してきたため、豪座公を倒した後は、信に抱えられてしばらく戦闘は無理そうです。

それでもほとんど一人で逆転の口火を切った羌瘣きょうかいは今回のMVP間違いなしでしょう!

 

 

無事、羌瘣きょうかいの大活躍のおかげで逆転の舞台は整えられたわけですが、それでもまだまだ物量で飛信隊ひしんたいは負けています。

やはり飛信隊ひしんたいだけの力では数が圧倒的に不足しているので、このあと信は楽華がくか軍を援護するために愛閃あいせんの下に赴きます。

 

飛信隊ひしんたいだけの突破では力不足かつ、楽華がくか軍が崩壊ほうかいの危険性がある
青歌せいか軍の後には李牧りぼく本陣もあり楽華がくか軍の力無しでは不可能と判断したのだろう

 

楽華軍も青歌軍を突破

一方、蒙恬もうてんが気を失っている楽華がくか軍では愛閃あいせんが一人気をはいていました。

しかし、愛閃あいせんの武力をもってしても、楽彰がくしょうとフーオンはなかなか崩れることがなく徐々に追い詰められてきています。

 

 

そこで加勢に駆け付けたのが信と羌礼きょうれい
(羌瘣きょうかいはまだ気を失っています)

信が楽彰がくしょう羌礼きょうれいがフーオンにそれぞれ当たります。

 

 

まずは羌礼きょうれい

羌礼きょうれいは先の突破でかなり疲労ひろうが目に見えてあるようです。しかし、フーオンとは互角以上に渡り歩いています。

そして、フーオンの一瞬のスキを見逃さず一撃!

フーオンを見事落馬させることに成功します。
さすがは現蚩尤しゆうといったところでしょうか。

 

 

対して信も楽彰がくしょうに一撃を加えそのスキに愛閃あいせんが間髪入れず攻撃を繰り出します。

楽彰がくしょうは直撃こそ免れたものの、たまらず落馬してしまいます。

これにより楽彰がくしょうは指揮がとれなくなり青歌せいか軍に混乱が広がっていきます。

 

 

この瞬間を見逃さず楽華がくか軍・飛信隊ひしんたいは突破を試みるようになります。

やはり指揮官が先頭に立って攻撃するのはそれ相応のリスクが伴いますね。

今回の場合は青歌せいか軍は最悪。唯一の救いは上和龍じょうかりゅうが後ろに下がったということでしょう。

しかし、上和龍じょうかりゅうはいかにも脳筋っぽいのでこの事態を収拾できるのかは疑問です。

上和龍じょうかりゅうはともかくとして楽彰がくしょうまで最前線に出てきたのは悪手
将が倒れた後の軍は機能するはずがない

 

 

 

それでも動じない李牧


青歌せいか軍が突破間近ということをした李牧りぼくはどういった反応を示したでしょうか?

李牧りぼくは意外にも突破した楽華がくか軍・飛信隊ひしんたいを素直に褒めたたえています。

しかし、これは余裕の裏返し。

 

 

たとえ青歌せいか軍を突破しても後ろには李牧りぼくの本陣が待ち構えています。

現状、楽華がくか軍は蒙恬もうてんを欠き飛信隊ひしんたい羌瘣きょうかいを欠いています。

とても万全な状態とは言えません。

 

 

さらに兵士たちも消耗しており、ここからさらに李牧りぼく本陣とやりあう力は残されていないと感じたのでしょう。

つまり信たちの攻勢もここまでで、突破後の力は残されていないと李牧りぼくは分析しています。

力を使い果たした飛信隊ひしんたいたちに対して李牧りぼく軍はほぼ無傷
ここから飛信隊ひしんたいが単独で李牧りぼく軍を突破するのは不可能

 

次回李牧が桓騎の弱点を狙う?


青歌せいか軍を突破し、しん軍に風向きが変わってきたような感じがしますが李牧りぼくの考えは違います。

今回、李牧りぼくは十分な時間を使って策を練り上げてきています。

稀代の名将めいしょう李牧りぼくのことですからなかなか隙はありません。

 

 

それにまだまだ数の上ではちょう軍はしん軍を上回っています。

青歌せいか軍の突破は計画に影響がないと考えているようです。

 

 

そして李牧りぼくの次の一手は、桓騎かんきのいる中央を蹂躙する事。
これさえ成功すれば青歌せいか軍の突破などあってないようなものです。

 

 

しかし、側近そっきんたちは桓騎かんきをことさら警戒しています。

いつもの桓騎かんきだったら何か罠を仕掛けているのではないかと半ば疑心暗鬼に駆られています。

しかし、李牧りぼくはその心配はないと断言しています。

 

 

李牧りぼくがいうには、桓騎かんきは本来武将なら普通に持っているものをもっていない。
それが桓騎かんきの弱点であり、李牧りぼくはそこを突くようです。

李牧りぼくの目には桓騎かんきがどう映っているのか?
やはり桓は将軍として何かが欠落しているようです。
最後までお読みいただき誠に感謝
次回の更新までお待ちください!!

 

 

 

 

キングダムの最新刊・最新話を無料で読む方法


以上、キングダムに関する記事でした。
今回の記事を読んで、

漫画自体読んでみたくなった
という方にお勧めなのがU-NEXTです。
U-NEXTは
ポイント
1.1か月間の無料体験ができる!
2.ポイントで漫画・雑誌が1冊見れる!
3.多くの漫画や雑誌が配信されている
4.アニメ・ドラマ・映画が9万本無料!
5.アダルトも1万本以上見れる!
無料体験中の600ポイントでキングダムの最新刊や、キングダムが連載されているヤングジャンプを購入することができます。試し読みだけもできるのでのぞく価値アリ!

登録自体も簡単で、解約もすぐできるのでこの機会にキングダムの最新刊・最新話を読んでみてくださいね。

もし解約方法がわからず不安という方は以下の記事をご覧ください。
U-NEXTを今すぐ解約する方法を画像付きで解説!無料期間中でもラクラク解約!


電子書籍

イトウ カイヂ

今回も、圧倒的ご訪問・・!ありがとうございましたっっ!!!
◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆