キングダム最新話ネタバレ738話考察|李牧の宣安攻めに桓騎はどう動く?

Pocket

李牧りぼくが全土から集めた大群によって14万対32万という戦いに引きずり込まれてしまったしん軍。

暗闇を利用して宣安ぎあんを落とした飛信隊ひしんたい砂鬼さき一家のもとへ桓騎かんきも合流します。

宣安ぎあんに集まった兵は開戦前の14分の1、1万人弱にまで減っていました。

頼みの赤麗せきれい李牧りぼくの放った毒によってちょう兵の犠牲もなく奪われてしまいました。

全軍をもって宣安ぎあんを奪い返そうと出陣する李牧りぼくに対して桓騎かんきはいかなる策を用いるのでしょうか?

637話のまとめ


 

まずはキングダム637話の内容を確認しましょう。

敗残兵をまとめ赤麗せきれいに入った壁は城兵に檄を飛ばしちょう軍から城を死守するよう指示を出し始めます。

しかし、突如城兵たちは一せいに嘔吐しバタバタと倒れ死んでいきます。

原因は赤麗せきれいに残った老人たちが井戸水に放った毒によるものです。

井戸に毒を入れることによって数年は赤麗せきれいに人は住み着くことはできませんが、ちょう兵10万を殺害した桓騎かんきへの憎しみのため赤麗せきれいの老人は決行しました。

毒によって全滅させられたしん軍を横目にちょうは一兵も失わずに赤麗せきれいを取り返しました。

赤麗せきれい奪取の報を受けた李牧りぼくは取り残された宣安ぎあんに向けて兵を向けます。

 


 

最新738話予想


 
赤麗せきれいが落ちた今、桓騎かんき軍の拠り所は宣安ぎあんだけになりました。

当初はちょう軍が宣安ぎあん赤麗せきれいで兵を分けると考えていましたが、その目論見は外れてしまいます。

作戦会議で桓騎かんき人質ひとじちの多寡を聞いただけで、ほとんど話していませんでした。

桓騎が肥下に攻め入る

桓騎かんき史実しじつ肥下ひかで敗れることが確定しています。

なので桓騎かんきがここから肥下ひかに行くことは間違いないでしょう。

桓騎かんきの狙いは大きく二つ、肥下ひかの住民を人質ひとじちにすることとちょう軍を分散することだと思われます。

肥下を落とせる可能性


 

しかし、桓騎かんき肥下ひかを落とせる勝算はあるのでしょうか。

現在、宣安ぎあん城にいる兵は1万人弱そして工場兵器の江春が一台きりになります。

誰がどう見たってこの兵力で肥下ひかを落としに行くのは不可能に見えます。

しかし、もし李牧りぼくが全軍で宣安ぎあんに攻めてくるのであれば、肥下ひかの守りは薄いはず1万人の兵力でも可能かもしれません。

いや、李牧りぼくに限ってそんなポンコツみたいなすることするはずないんじゃないか、と思う人がいるかもしれません。

しかし、なぜ宣安ぎあんは兵が少なく少数だった飛信隊ひしんたいたちに落とされてしまったのでしょうか。

それは李牧りぼく宣安ぎあんを攻めることを想定していなかったことに他ならないわけです。

正直、宣安ぎあんが落とされたことは李牧りぼくにとって全く旨味なくしん軍が復活するきっかけを作ったに他なりません。

考えても見てください、もし宣安ぎあんが落ちていなかったら飛信隊ひしんたい楽華がくか軍が行くのは赤麗せきれいしかないわけです。

この二つの軍が赤麗せきれいで毒水を飲んで倒れた場合、残るのは桓騎かんき軍数百人。

ここまで数が減ってしまうともう、どうしようもなく撤退というか全滅され敗走はいそうに近いものです。

正直、宣安ぎあんにほとんど守備兵を置いていなかった李牧りぼく肥下ひかにだけ守備兵を潤沢に置いているわけがないと思うわけです。

そして桓騎かんきはいま宣安ぎあんにいる兵全軍でもって肥下ひかを落とすことで人質ひとじちを手にし王翦おうせんの到着を待つものと予想されます。

 


 

キングダムの最新刊・最新話を無料で読む方法


以上、キングダムに関する記事でした。
今回の記事を読んで、

漫画自体読んでみたくなった
という方にお勧めなのがU-NEXTです。
U-NEXTは
ポイント
1.1か月間の無料体験ができる!
2.ポイントで漫画・雑誌が1冊見れる!
3.多くの漫画や雑誌が配信されている
4.アニメ・ドラマ・映画が9万本無料!
5.アダルトも1万本以上見れる!
無料体験中の600ポイントでキングダムの最新刊や、キングダムが連載されているヤングジャンプを購入することができます。試し読みだけもできるのでのぞく価値アリ!

登録自体も簡単で、解約もすぐできるのでこの機会にキングダムの最新刊・最新話を読んでみてくださいね。

もし解約方法がわからず不安という方は以下の記事をご覧ください。
U-NEXTを今すぐ解約する方法を画像付きで解説!無料期間中でもラクラク解約!


電子書籍

イトウ カイヂ

今回も、圧倒的ご訪問・・!ありがとうございましたっっ!!!
◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆