【キングダム】李牧の弱点は政治力?戦に勝ったが裏工作で負けた男!

Pocket

守戦しゅせん名将めいしょう」、これは後世の歴史家・司馬遷しばせん李牧りぼくを評した言葉です。

李牧りぼくはこの評価通り大軍を率いてきたしん軍を大いに破り奪われた領土を取り戻していきました。

しかし、歴史の結末としてはしんは史上初めて中国を統一ししん王朝を築き上げます。

李牧りぼくは戦場ではしん軍相手によく戦い勝ち続けましたが、ちょうは滅亡しています。

李牧りぼくは負け知らずでしたが、ちょうは敗れてしまいます。

それにはしんによる裏工作があり、李牧りぼくはそういった根回しとかに疎かったのでしょう。

李牧を恐れた匈奴

 
李牧りぼくはもともとちょうの北方の長官でした。

ちょうの北方は匈奴きょうどという異民族いみんぞくと接していて、匈奴きょうどはよく物資を求めてちょうに侵略してきていました。

土地がやせており農耕ができない匈奴きょうどは特に冬の時期に攻めてきたといわれています。

さてこの匈奴きょうどですが騎馬民族といわれ生まれたことから馬に乗っており騎馬の扱いに長けていました。

そのため非常に強く騎馬と弓にちょうだけでなくかん民族は長年苦しんでいます。

このような相手に李牧りぼくは挑んだわけですが、李牧りぼくの作戦は専守防衛策で匈奴きょうどが来たらとにかく籠城ろうじょうして被害を少なくするように努めました。

この消極的な策はちょう王から嫌われ、李牧りぼくは長官の任を解かれてしまいます。

李牧りぼくの後任の人物は名前も残っていませんが、匈奴きょうど相手に果敢に打って出たため大損害を受けたとされています。

匈奴に大損害を与えた

ちょう王は李牧りぼくに再び北方守備の長官に任じますがある時、わざと敗走はいそうをして匈奴きょうどにわざわざ家畜を略奪りゃくだつさせます。

李牧りぼくを臆病者の無能だと思った匈奴きょうどは今度は単于(匈奴きょうどの王)みずから大軍を率いて進軍してきました。

李牧りぼく匈奴きょうどの左右に兵を伏せて匈奴きょうど挟撃きょうげきします。いきなり兵が現れた匈奴きょうどは驚き敗走はいそうしていきましたが10万以上の損害を出しちょうへの侵略をしなくなりました。

秦軍相手に連勝し守戦の名将となる

 
もし、李牧りぼくが北方守備の長官で生涯を終えてしまった場合歴史に名を残すことはなかったでしょう。

騎馬民族との戦いはあまり歴史に残ることがないので李牧りぼくという人物は認知されなかったことでしょう。

桓騎を倒し歴史の表舞台に

ちょうに攻め入ったしん軍は王翦おうせんを総大将として多くの城を落としていきました。

さらに桓騎かんきによって扈輒こちょうと兵10万を失ったちょう王は匈奴きょうどとの戦いで武功を上げた李牧りぼくを対しん戦に投入します。

このときしん側からみた李牧りぼくはただの無名の将軍だったことでしょう。

キングダムでは何度もしん李牧りぼくは戦っていますが、史実しじつではファーストコンタクトになります。

肥下ひかの戦いで桓騎かんきを破るとこれを皮切りに、親征してきたしん王・嬴政えいせい番吾ほごの戦いで30万の軍勢で李牧りぼくと戦いますが大敗たいはいしています。

この時のしん軍の損害は10万人以上といわれていてまさしく大敗たいはいしていきました。

ちょうはこの後旱魃や地震など自然災害にも見舞われますが、李牧りぼくがいる間結局しんちょうに勝つことはありませんでした

 


 

趙王に疑われた最後

 
再びちょうに攻め入ったしん軍ですが、やはり李牧りぼくに勝てないと感じ別な方法で李牧りぼくを処理しようとします。

しんちょうの重臣・郭開かくかい賄賂わいろを贈ってちょう王と李牧りぼくの仲を引き裂こうと画策します。

郭開かくかいの他、ちょう王の母も同様に賄賂わいろを受け取り讒言ざんげんしたとされています。

李牧りぼくは何度もしん軍をはねのけちょうの英雄とみられ、ちょう軍ほとんどが李牧りぼくの配下になっていたためちょうを乗っ取ろうとすれば簡単にできたのです。

そのため疑いをもったちょう王は李牧りぼくを前線の指揮官から外そうといますが、李牧りぼくはここで前線から離れてしまえばちょうが負けると思ったのかこれを拒否。

結局、余計に疑いをもたれて処刑されてしまいました。

 


 

李牧は政治力で負けてしまった

後世の評価で李牧りぼくを処刑したちょう王が非難されることが多いです。もちろん賄賂わいろをもらって諫言した郭開かくかいは議論の余地がない佞臣ですがこのときのちょう王・幽繆ゆうぼく王が暗君あんくんで愚かだったとは思いません。

李牧りぼくちょうのほぼ全軍を握っており反乱を起こせば一瞬でちょう李牧りぼくのものになってしまいます。

このような状況で前線から外そうとしたのに、それを拒否したのが李牧りぼくの命運を立つことになったのです。

これでは反乱の心ありと幽繆ゆうぼく王から思われても当然であり処刑されてしまいます。

このように前線の総指揮官が諫言で更迭されるのは、なにも李牧りぼくだけでなくて、同時代だけでも廉頗れんぱ楽毅がくきなどよくあることです。

その点、を攻めたときの王翦おうせんしん軍50万の総司令官だったにも関わらず反乱の憂いがないことをしん王に示して処罰しょばつされることはありませんでした。

李牧りぼくは紛れもなく名将めいしょうと思いますが幽繆ゆうぼく王の心を察することができず、しんの政治工作によって破れてしまったのです。

 


 

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆