キングダム最新話ネタバレ740話考察|桓騎の肥下攻略のカギはスピード!

Pocket

桓騎かんきは苦労してとった宣安ぎあん城を捨て肥下ひか城に向かい始めます。

宣安ぎあん城の守備兵が少なかったので肥下ひか城の備えも万全ではないと考えているのでしょう。

宣安ぎあんに民衆がほとんどいない今援軍えんぐんが来るまでに肥下ひかを落としたほうが可能性が高いかと思いますが、完全にこれはギャンブルです。

肥下ひか攻略に手間取ってしまえば桓騎かんき軍は李牧りぼくによってまたたく間に蹂躙されてしまうことでしょう。

肥下攻略に動き出す桓騎


 
籠城ろうじょう戦では劣勢が必至の宣安ぎあんをすてて肥下ひかを目指す桓騎かんき軍一行。

李牧りぼく軍が宣安ぎあんを攻めるのと入れ違いで肥下ひかに向かいます。

李牧りぼくはほとんどの軍を宣安ぎあん攻略に仕向けているらしく、肥下ひかの守備兵はそこまで多くないことが予想されます。

李牧りぼく軍30万ということを考えるとちょう軍のほぼすべてを李牧りぼくは動かしていると考えられます。

桓騎の肥下における狙い

 

桓騎かんきの狙いは間違いなく赤麗せきれい宣安ぎあんから疎開したであろう民衆です。

そして多くの人がいるので食料も十分にあることでしょう。

民衆が多くいることで人質ひとじちになり李牧りぼくが容易に攻め込まないようにすることを狙っています。

そして李牧りぼく肥下ひか攻略に手間取れば閼与あつよにいる王翦おうせんが動く可能性があります。

肥下ひか桓騎かんき軍と王翦おうせん李牧りぼく軍を挟み撃ちにすればいくら30万の大軍といえどかなり厳しい状況になります。

その状況さえ作れればしん軍はちょう北部の制圧が見えてきます。

肥下攻略のカギはスピード

肥下ひかがいくら手薄だとしても最低限の守備兵は残していることでしょう。

桓騎かんき軍の兵数は1万人、そして攻城兵器は江春の一台のみです。

正直、李牧りぼくが来るまでに落とせるかどうか以前に普通にやっても落とせるのは十分厳しい状況です。

でも、ここは桓騎かんきのことなので砂鬼さき一家などで裏工作をしつつやっていくと思いますので通常であれば落とせると思います。

問題は李牧りぼくが来る前に落とせるかどうかにかかっています。

もし李牧りぼくが到着する前に肥下ひかが落ちなければ城と李牧りぼく軍に挟まれてひともみで桓騎かんき軍は滅んでしまうでしょう。

桓騎かんき軍は勝利するには肥下ひか城を迅速に落とす必要がありこれはかなり難しいと思います。

李牧はどうする?


 
李牧りぼくはこの戦いで大きな失敗を犯しています。

それはもちろん宣安ぎあん城を落とされたことです。もし宣安ぎあん城が落ちていなければしん軍のほとんどは赤麗せきれい城に逃げ込んでいたはずです。

そうなれば赤麗せきれいの井戸に仕掛けた毒水によって桓騎かんき軍は滅亡していたことでしょう。

李牧りぼく宣安ぎあん城にわざと桓騎かんきを追い込ませたという見方もできなくはないのですが、李牧りぼく側にメリットがなさすぎます。

宣安ぎあんには少数であれ民衆がいましたし、赤麗せきれいで毒がもし見つかってしまった場合兵力を分散させる必要があり宣安ぎあんをワザととらせたとは思えません。

正直ここの李牧りぼくの行動はとても名将めいしょうと呼ぶに値しないわけです。

もしかしたら李牧りぼく肥下ひかにもあまり守備兵を置いていないかもしれません。こうなれば李牧りぼく側に明確な負け筋が生まれてきます。

もし李牧りぼく肥下ひかに十分な守備兵と司馬尚しばしょうのような名将めいしょうを置いているのであれば、桓騎かんき軍は敗れることになるでしょう。

肥下攻略は成功するのか?


 
桓騎かんき軍が肥下ひか城を落とせるかどうかは肥下ひか城の守備兵の多寡にかかっています。

ちょう軍の主だった将は李牧りぼくと共に宣安ぎあん城奪還にいるようでしたので、残るのは司馬尚しばしょうしん軍の援軍えんぐんを削った将軍たちでしょう。

史実しじつから考えればしん軍が肥下ひか城を落とした記録がないので、桓騎かんき軍は負けるかもしれません。

桓騎かんき軍が負けるならばやはり肥下ひか城に十分な兵力を李牧りぼくが置いていたと考えられるでしょう。

そもそも桓騎は肥下に行くのか

キングダムの739話を見てると桓騎が肥下に行くのが当然のように書かれていて少し違和感も感じています。

史実でも桓騎が肥下に行くのは間違いないのですが、わざわざ死体に「肥下の惨劇を史に刻む」と書かれておりここに引っ掛かりました。

なんで、わざわざそんなこと書いたのか?しかも宣安の東門に見せしめの死体を残して。

確かに肥下は宣安の東にあります。

『キングダム』(C)原 泰久/集英社

でもわざわざ李牧に教える必要なんかないわけです。

王翦がいる閼与に逃げる可能性だってあるわけでそうしたら、李牧は兵を分散させなくてはならず侵攻のスピードは間違いなく落ちます。

そのほうが桓騎にとって都合がいいはずです。しかし、それをあえて桓騎に教えたということは別の狙いがあったのではないでしょう。

桓騎の狙いそれは宣安と肥下の間にある森林地帯でしょう。

李牧は森林地帯の先に肥下があるといっているので、肥下に向かうには森林地帯を抜けなければならないのでしょう。

桓騎が森林地帯に伏兵を置いておけば数の不利があるとはいえ李牧の虚を突くことができます。

肥下を攻め落とすよりよっぽど勝算があります。

キングダムネタバレ最新740話確定

『キングダム』(C)原 泰久/集英社

肥下に急ピッチで迫る趙軍

桓騎かんき肥下ひかに向かったと気づいたちょう軍はすぐさま肥下ひかに向けて出発します。

肥下ひかには数万人規模の住民がおり兵士たちの中にも家族が肥下ひかにいるものが多数いました。

ちょう軍は桓騎かんきが自分たちの家族を虐殺される恐れがあるため全速力で駆け抜けています。

ちょう軍は北方の異民族いみんぞくと国境を接しているため良質の馬が多数います。その騎馬によって通常30万の大軍とは思えないスピードで肥下ひかに急行することができました。

肥下の目の前まで接近した桓騎

『キングダム』(C)原 泰久/集英社

一方、桓騎かんきたちは宣安ぎあん肥下ひかの中間にある森林地帯を抜け肥下ひかを眼下に捕らえていました。

肥下ひかを目の前にした桓騎かんき軍は突如昔のことを話し始め、厘玉りんぎょくはどんな結末になろうとすでに最高の結末だとめっちゃカッコいいことを言います。

厘玉りんぎょくの言葉により士気が下がっていた桓騎かんき軍は一気に活気づきます。

さらに桓騎かんきも言葉を続け李牧りぼくなんて目じゃねとさらに活気づく桓騎かんき兵たちでした。

肥下から火の手が上がる

『キングダム』(C)原 泰久/集英社

限界まで飛ばして急行したちょう軍はついに馬が限界に近づいてきます。

ちょう軍は森を抜けるのではなく馬の走力を最大限生かせるよう、森を避けるように走り抜けます。

肥下ひかまであと森一つのところまで来た袁環えんかん軍は肥下ひか城の方面から火の手が上がっていることに気が付きます。

肥下ひか桓騎かんきの手に落ち絶望する李牧りぼく軍、さらに李牧りぼく肥下ひかが落ちたことでしん軍・ちょう軍の両者敗北を確信します。

 


 

キングダムの最新刊・最新話を無料で読む方法


以上、キングダムに関する記事でした。
今回の記事を読んで、

漫画自体読んでみたくなった
という方にお勧めなのがU-NEXTです。
U-NEXTは
ポイント
1.1か月間の無料体験ができる!
2.ポイントで漫画・雑誌が1冊見れる!
3.多くの漫画や雑誌が配信されている
4.アニメ・ドラマ・映画が9万本無料!
5.アダルトも1万本以上見れる!
無料体験中の600ポイントでキングダムの最新刊や、キングダムが連載されているヤングジャンプを購入することができます。試し読みだけもできるのでのぞく価値アリ!

登録自体も簡単で、解約もすぐできるのでこの機会にキングダムの最新刊・最新話を読んでみてくださいね。

もし解約方法がわからず不安という方は以下の記事をご覧ください。
U-NEXTを今すぐ解約する方法を画像付きで解説!無料期間中でもラクラク解約!


電子書籍

イトウ カイヂ

今回も、圧倒的ご訪問・・!ありがとうございましたっっ!!!

 

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆