晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔子を退けて晏子春秋を書くなど功績多数の名宰相!

Pocket

春秋時代の強国であるせい桓公かんこう管仲かんちゅうの時代に覇者となりもっとも隆盛を誇りました。

桓公かんこう亡き後はせいの内乱で国内は荒れてしまいますが、その桓公かんこう管仲かんちゅうの時代に劣らないぐらいの時代を作ったのが景公けいこう晏嬰あんえいのコンビでした。

晏嬰あんえい霊公れいこう荘公そうこう光の時代にはあまり重用されませんでしたが、景公けいこうの時代には存分に重用され一時代を気づいていくことになります。

晏嬰あんえいは常に社稷しゃしょく(国家)のことを考え人民に絶大な人気がありました。せい使者ししゃとしても活躍し大国でも一歩も引かない外交を繰り広げました。

晏嬰とは


晏嬰あんえいは春秋時代に生きたせいの国の名宰相さいしょうです。

同じくせいの国の名宰相さいしょうである管仲かんちゅう史記しきの同じ列伝「管晏列伝かんあんれつでん」に記されています。

せい霊公れいこう荘公そうこう光・景公けいこうに仕え、父の晏弱あんじゃくせいに仕えており小国である萊を併合した実績を持っています。

史記しきによると晏嬰あんえいの身長は6尺に満たずと書かれており現代の縮尺に直すと135cm未満とかなり小柄だったようです。

ちなみに小柄で有名な曹操そうそうは約160cmと晏嬰あんえいと比べるとかなり大きいことがわかります。

あとで孔子の話も出てきますが孔子はの身長は9尺6寸で200cmを超える大男だったようです。

始皇帝しこうていが残した兵馬俑へいばようには実寸大の兵士の人形があり平均は178cmとなっています。これは実在する兵士たちよりも大きく作っている可能性がありますが、いかに晏嬰あんえいが小さかったのかよくわかりますね。

しかし、晏嬰あんえいは小さな体に大きな勇気をもち、たとえ君主くんしゅであろうと諫言をし、強国の王にも一切物怖じしませんでした。

晏嬰と孔子の関係性

晏嬰あんえいと孔子は同じ時代を生きていました。晏嬰あんえいのほうが30歳ほど年上で孔子がせいに仕官しに来たことがありましたがその時晏嬰あんえい宰相さいしょうでした。

この時の君主くんしゅ景公けいこうは孔子を登用したいと考えますが、晏嬰あんえいは断固として登用しないようにと反対します。

儒家じゅかは口がうまく弁舌巧みに説きますので信用してはいけません。また、傲慢ごうまんで自己評価が高いため低い身分に置くことができません。形式を重視するため破産しても葬儀を豪華にしますこれを民がマネすると国が大変なことになります。古の作法・礼儀・規則を煩わしくするのはせいにとって不要であります。

とかなり儒家じゅかを用いることでせいに不利益が高じるかを諭しています。

晏嬰あんえいに絶大な信頼を置き宰相さいしょうに任命した景公けいこうは孔子の言葉に感銘を受けていましたが登用することはありませんでした。

孔子は晏嬰あんえいことを高く評価していましたが、否定的な評価も多いです。

ただこれはせいに仕官できなかったときの恨みがあったためだといわれています。

晏子春秋とは


晏嬰あんえい史記しき春秋左氏伝しゅんじゅうさしでんなどにも登場しますが、晏子春秋あんししゅんじゅうという本には晏嬰あんえいに関する記事が数多く乗っています。

晏子春秋あんししゅんじゅうとは言っても晏嬰あんえいが書いたものではなく、晏嬰あんえいの死後にせいの国の人が書き残したものだといわれています。

晏子春秋あんししゅんじゅうの成立の時期ははっきりしていませんが、かんの時代より前なのははっきりしており戦国時代からしん末期ごろが定説です。

晏嬰あんえいの思想や当時のせいの政治事情などが最も色濃く出ているのがこの晏子春秋あんししゅんじゅうだといえます。

晏嬰の名言


せいの名宰相さいしょうとして活躍した晏嬰あんえいは2000年以上たった現在でも残る名言(故事成語)を残しています。

羊頭狗肉

霊公れいこうの時代、せいの女性の間で男装がブームになりました。霊公れいこうはこれを辞めさせようと禁令を出しましたが効果は全く効果はありませんでした。

実はこの男装ブームは霊公れいこうの後宮から始まったもので、依然として後宮では男装を許していたので禁令が出ても男装を辞めるものはいません。

晏嬰あんえい

霊公れいこうのやっていることは牛の頭を看板にし馬の肉を売るようなものです。後宮で禁止にすればブームはすぐ終わります

と諫言し霊公れいこうがその通り後宮から男装を禁止すると流行はすぐさま収まりました。

このことから「牛頭馬肉ぎゅうとうばにく」の言葉が生まれ「羊頭狗肉ようとうくにく」に変化しました。

晏嬰狐裘

晏嬰あんえい質素しっそ倹約で有名でした。同じくせいの名宰相さいしょう管仲かんちゅうはわりと贅沢なところがありましたが晏嬰あんえいは全くの逆。

食卓に肉が出ることもまれだったそうです。一国の宰相さいしょうしかも大国のせいですから望めばもっと豪華な暮らしもできたのでしょうが晏嬰あんえいは生涯質素しっそでした。

景公けいこう晏嬰あんえいの領地を加増しようと何回も晏嬰あんえいに話を持ち出しますがすべて拒否する徹底ぶりでした。

晏嬰あんえい質素しっそぶりをもっとも表しているのが、キツネの毛皮から仕立てた1枚の服を30年着ていたといわれています。

30年も着ていたらさぞかしボロボロだったかと思いますが、このことから「晏嬰あんえい狐裘」という言葉が生まれました。

 

キングダムの最新刊・最新話を無料で読む方法


以上、キングダムに関する記事でした。
今回の記事を読んで、

漫画自体読んでみたくなった
という方にお勧めなのがU-NEXTです。
U-NEXTは
ポイント
1.1か月間の無料体験ができる!
2.ポイントで漫画・雑誌が1冊見れる!
3.多くの漫画や雑誌が配信されている
4.アニメ・ドラマ・映画が9万本無料!
5.アダルトも1万本以上見れる!
無料体験中の600ポイントでキングダムの最新刊や、キングダムが連載されているヤングジャンプを購入することができます。試し読みだけもできるのでのぞく価値アリ!

登録自体も簡単で、解約もすぐできるのでこの機会にキングダムの最新刊・最新話を読んでみてくださいね。

もし解約方法がわからず不安という方は以下の記事をご覧ください。
U-NEXTを今すぐ解約する方法を画像付きで解説!無料期間中でもラクラク解約!


電子書籍

イトウ カイヂ

今回も、圧倒的ご訪問・・!ありがとうございましたっっ!!!

 

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆