文鴦の寿司ってなに?実在の人物で趙雲と同格だった?

Pocket

文鴦ぶんおうは生年238年から没年291年の人物です。

正史せいし・三国志や三国志演義に登場します。

しかし、横山三国志では登場しないため、
日本ではなじみがない人が多いかなと思います。

文鴦ってどんな人?

文鴦ぶんおうは生年238年から没年291年の人物です。
正史せいし・三国志や三国志演義に登場します。
しかし、横山三国志では登場しないため、
日本ではなじみがない人が多いかなと思います。

結構所属がややこしい人物で最初に仕えていました。
しかし、当時を牛耳っていた司馬家しばけが気に入らず父・文欽ぶんきんとともに反乱を起こします。
当然のごとく司馬師しばしに負けた文鴦ぶんおうに亡命。
しかし、諸葛誕しょかつたんの乱で今度は司馬昭しばしょう降伏こうふくし再びに戻っています。

その後、は晋に禅譲したためそのまま司馬家しばけに仕え、
晋の将軍として異民族いみんぞくを撤退させた実績があります。
しかし、晋の初代皇帝・司馬炎しばえんに嫌われて免職されています。

最期は、偽の反乱の罪で処刑されるという悲しい終わりを迎えています。

趙雲と同格の強さ?

文鴦ぶんおうは並外れた武勇を持っていて、
戦場での活躍は、しょく名将めいしょう趙雲ちょううんの再来とされていました。

しかし、実際には趙雲ちょううん文鴦ぶんおう対峙たいじしたことはありません。

そもそも趙雲ちょううんの没年は229年で文鴦ぶんおうの生年は238年と出会うことは不可能です。

ちなみにこの趙雲ちょううんの再来というのは三国志演義での記述です。

文鴦ぶんおうは確かに武功も上げていますし、戦もうまかったと思われます。
しかし、これだけで趙雲ちょううんの再来というのはちょっと言いすぎな感じがします。

趙雲ちょううんと比較される背景には司馬家しばけとのかかわりがあると思われます。

司馬師しばし司馬昭しばしょうとそれぞれ戦い、また司馬炎しばえんの下に仕えたとき、
明確な理由もないまま免職されています。

さらに最後は司馬家しばけの者に手により謀殺されています。

三国志演義は基本的に、曹操そうそう司馬家しばけは悪、劉備りゅうび諸葛亮しょかつりょうは善というスタンスです。

ですから、悪である司馬家しばけ(司馬師しばし司馬昭しばしょう)に立ち向かった文鴦ぶんおうを引き立たせるため、
趙雲ちょううんに匹敵すると書かれたのではないでしょうか。

Sponsored Links

司馬師・司馬昭の父で司馬炎の祖父・司馬懿の記事はこちら

ゲームで知名度上昇

文鴦ぶんおうは前述の通り、漫画版三国志・横山三国志には登場しません。

なので、日本での知名度はほとんどありませんでした。

特に、文鴦ぶんおうが登場してきたのは諸葛亮しょかつりょう孫権そんけんなど、
三国志序盤で若い世代だったメジャーな方々も亡くなった後でした。

はほとんど司馬家しばけのものになっていて乗っ取られるのも時間の問題。
しょく北伐ほくばつ続きで国力は低迷していて風前の灯火、
孫権そんけんが晩年突如暗君あんくんと化し後継者争いも勃発し派ばつ争いが起こっていました。

このような状況でしたから英雄が活躍していた三国志序盤の面白さはほとんどなく、そのため今まではマンガ・ゲームでも取り上げられてきませんでした。

しかし、現在では流れは変わってきて少しずつゲームなどに登場するようになり、文鴦ぶんおうの知名度も上がってきました。

有名どころだと、コーエーテクモの三國無双で、
文鴦ぶんおうが操作キャラに出てきたのが大きいと思います。

なぜ”文鴦の寿司”

三國無双などで少しずつ知名度上昇中の文鴦ぶんおうですが、
ここにきて文鴦ぶんおうの知名度を爆上げしたゲームが登場しました。

そのゲームは「三国志大戦」
アーケードのオンラインゲームで、手札のカードを駆使して戦うゲームです。

文鴦ぶんおうが有名になったのは三国志大戦で最強カードとなったからなんです。

ここまでだと無名なカードが最強カードになっただけなんですが、
問題はソコじゃありません。

実はこの文鴦ぶんおうのカードはあるマンガとのコラボカードです。

ん?なにか嫌な予感がしませんか?
とりあえずカードの画像を見てみてください。

文鴦の寿司

驚愕されているところ悪いのですが、
せっかくなのでカードの説明も見てみましょう。

寿司屋・文寿司の跡取り息子。大手の悪辣な戦略により廃れた実家の再興を志したという。

司馬師しばしとの戦いを経て、一時はの名店に修行入りした。

基本を忠実に守った鍛錬と奇想天外な発想で、多くの寿司職人に勝利を収めた。

なにか思っていたイメージと違いませんか?
実はこれ人気寿司マンガ・”将太の寿司”とのコラボカードなんです。

カードの説明文も、
なんというか将太の寿司の主人公じんこう文鴦ぶんおうの話が混じってまったくわけわからん状態になっています。

の名店って広島の呉(くれ)の寿司屋ってことですか?

もはやツッコミどころ多すぎますね。

これが話題になった”文鴦ぶんおうの寿司”のあらましです。

いわゆる運営のお遊びってことですかね。

いろいろと斜め上からの知名度の上がり方で、困惑する方もいるかと思いますが無名キャラにスポットが当たる状況は悪いものじゃないですね。
(見た目が関口翔太じゃなければ・・・・)

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です