桓騎は史実で李牧相手に死亡する?弱点や最期の死因とは?

Pocket

キングダムの中でも異色の将軍・桓騎かんき

登場時は老将ろうしょう蒙驁もうごう副将ふくしょうとして登場しましたが、
いきなり敵に目玉をプレゼントして衝撃のデビューをしています。

一方、合従軍がっしょうぐん編では少数で敵陣に侵入するほど肝が据わった男でもあります。
(この時の桓騎かんきは死ぬほどカッコいいのでぜひ見てください)

今回は考察こうさつをまじえて桓騎かんき将軍を紹介したいと思います。

桓騎はどんな人?


『キングダム』(C)原 泰久/集英社

桓騎かんきは今から約2200年前に実在した中国戦国時代のしんの将軍です。

キングダムでの桓騎かんきは奇策を駆使して敵の裏をかく戦術を得意としています。

元々はしん南方なんぽうの山を拠点にしていた野盗の首領で、
しんの討伐軍を相手に手玉に取るほど戦いの才がある人物だそうです。

生まれが早ければ、王騎おうききょう白起はくきら六将と肩を並べたであろうといわれています。

一方で性格は残忍で投降とうこうした兵士に容赦がなかったり、
略奪りゃくだつを働いたりとおよそ正規兵とは呼べない戦い方をしたりもします。

しかし、作中では完全な悪人のような描かれ方はしておらず、
むしろカッコよさを強調されるシーンも多くあります。

史実での桓騎

桓騎かんきですが史実しじつに登場しているれっきとした歴史上の人物です。

ここでの史実しじつ史記しきという歴史書ですが、
有名なので名前を聞いたことがある方もいるのでは?

桓騎かんきが初めて歴史に出てきたのが
始皇帝しこうてい・政が王になってから10年目の紀元前237年。
この年から桓騎かんきが登場します。
➀紀元前237年
この年に桓騎かんきは将軍職についたとされています。

➁紀元前236年
翌年には王翦おうせん楊端和ようたんわとともにちょうを攻め、ぎょう周辺の9城をとりそこに留まっています。

➂紀元前234年
さらに翌年には扈輒こちょうを武遂で討ちこの時ちょう兵10万人の首を討ったそうです。

➃紀元前233年
三度、ちょうを攻め平陽へいよう武城ぶじょうを攻め平定する。
赤麗せきれい宣安せんあんを攻め宣安せんあんでは将軍を打つなど活躍したものの。
大将軍・李牧りぼく肥下ひかの戦いで敗れ敗走はいそうしたとあります。

以上が歴史書における桓騎かんきの記述です。

思っていたよりもかなり少ないじゃないですか?
これだけ見ると完全にモブキャラ的な立ち位置で、
とてもあの妖しくもカッコいい桓騎かんきは想像できません。

王翦おうせん李牧りぼく蒙恬もうてんなどは歴史書の記述も豊富で、小説などでもよく登場する人物です。
一方、桓騎かんきが出てくる作品はパッと思い浮かぶものがありません。

それだけ桓騎かんきが活躍し続けているキングダムは異色な作品といえるかもしれません。

桓騎と李牧


『キングダム』(C)原 泰久/集英社

李牧りぼくしんの敵国・ちょうの大将軍です。

政がしん王になって初めてしん軍を退けた相手で、
天下統一の最大の障害になった人物といえます。
(この後、しんが負けたのは項燕こうえんだけ)

キングダム作中では合従軍がっしょうぐんの総大将も務めていましたが、
実際にはこの時はまだ北方民族の匈奴きょうどを相手にしていました。

ちょう扈輒こちょう桓騎かんきに敗れるとちょう王は李牧りぼくを大将軍に任命します。

その後は肥下ひかの戦いで桓騎かんきと戦い敗走はいそうさせると書かれています。

端的に言ってしまうと桓騎かんき李牧りぼくの噛ませ犬の様な立ち位置になってしまいます。
(あくまで歴史上での話です)

桓騎の最後と死因

歴史書では桓騎かんき李牧りぼくに負けるまでも死亡したとは書かれていません。
(扈輒こちょうはしっかり戦死と書かれています)

桓騎かんきがこの後どうなったかは想像するしかないですが、考えられるのは2つですね。

しんに戻り処罰しょばつされた
命が助かり逃げ延びても自国に帰ると負け戦の責任をとらなければなりません。
運が良ければ軍を離れるぐらいで済むかもしれませんが、最悪死罪になる可能性があります。

特に作中での政は桓騎かんき略奪りゃくだつをよく思っていない感じなので、死罪になるのではと考えられます。

➁野盗に戻る
桓騎かんきの性格からするとこっちのほうがありうるかなと思います。
特に桓騎かんきの強さは野盗上がりの部下がいて初めて成り立つ強さなので、
部下がやられ正規兵を補充されても再度戦うことが不可能なのではと思います。

しんに戻っても処刑されるかもしれないし、再び戦いに行けといわれても部下がやられた状態では勝てない。
この状況から桓騎かんきは昔のように野盗に戻る選択をするのではと考えられます。

桓騎の弱点とは

キングダム作中で李牧りぼく桓騎かんきの弱点を見つけたと意味深な発言をしています。
慶舎けいしゃも同じことを言っていますが、桓騎かんきの弱点とは何なのでしょうか?

考えられるのは2つです。

➀桓騎兵の存在

桓騎かんきの戦いには野盗時代からの部下である桓騎かんき兵が必要不可欠です。
桓騎かんきの作戦は桓騎かんきという頭脳と手足となって動く桓騎かんき兵がいて成り立ちます。

つまりは桓騎かんき兵がいなくなれば桓騎かんきは並以下の将軍になります。
李牧りぼく桓騎かんき兵だけをおびき寄せるなどして一網打尽にすれば、
桓騎かんきの勝ちは無くなるでしょう。

➁敗残兵に容赦ない

王翦おうせんは敵国の兵士であっても降伏こうふくすれば命を奪うことはありません。
(むしろ我の国の民となれといいます。)

対して桓騎かんき扈輒こちょうを倒した際に10万もの兵士の首を落としています。
これを知ったちょう兵はどう思うでしょうか。

負ければ命が助かることはないと思い、文字通り死に物狂いで戦に向かうはずです。

ましてや桓騎かんき軍は略奪りゃくだつが当たり前の軍隊、城にいる家族の命も助かる見込みはないでしょう。

このため、桓騎かんきちょう兵の力を増強してしまい、結果敗れるのではなかと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です