Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

曹純が率いた虎豹騎 とはどんな部隊?曹純の死後はどうなったの?

Pocket

曹純という三国時代の人物をご存じですか? 三国志演義においては兄の曹仁に比べて影が薄いですし、三国志のゲームにおいても、夏侯淵・夏候惇兄弟は使ったことがあっても、曹純は曹操と同族のそこそこの武将といった印象にとどまるのではないでしょうか。しかし、曹純は曹操麾下にあって重要な役割を演じてきたのです。

 曹仁・曹純兄弟の祖父の弟が曹操の祖父という関係にありますので、曹操とは同族ということになります。曹純の生年は定かではありませんが、18歳で黄門侍郎として出仕し、20歳で曹操の配下に加わりました。

父の死去の際、当時やんちゃだった兄の曹仁をさしおいて家督を継ぎ、家の財産管理や食客の管理に才を発揮しました。

また、学問を理解して学者を尊敬したため、多くの優秀な人材が彼のもとに集まったともいいます。

虎豹騎 の誕生


 当初、曹操軍の騎兵は曹仁が中心となって率いていたようですが、袁紹との官渡の戦い(200年)以後、曹操は悩んだ末に曹仁の弟の曹純にこれを任せました。
そして、曹純が率いる騎兵隊が、曹操を護衛する精鋭部隊としての虎豹騎として歴史に現れるのです。曹純は部下をよく統率し、信望も厚かったそうです。

ただ、騎兵の最大の強みはその機動力です。馬上で剣や槍を振り回す戦い方は後世の脚色で、馬上で最も求められるのはむしろ弓の技術だったともいいますから、映画などでのイメージとは戦い方が違っていたのでしょう。

Sponsored Links

対袁紹で得た功績

 
官渡の戦いの後、袁家は後継争いで曹操を利することになるのですが、虎豹騎の最初の活躍の場は、建安10年(205年)、袁紹の子・袁譚を南皮に攻めたときでした。曹操は袁譚軍の激しい反撃を受けて撤退も考えたのですが、

この時曹純は、「撤退は威光を失うことにつながる。敵は勝利で驕り、こちらは慎重さを増しているため、戦えば勝てる。」と主張し、これを容れた曹操は最終的に勝利を収めることができました。

このとき、曹純率いる虎豹騎が袁譚を討つ大手柄をあげたといいます。

さらに袁紹を追う曹操軍

曹操はさらに軍を北へ進めますが、追い詰められた袁尚は異民族の烏丸と結んで曹操に対抗します。曹操は軍師・郭嘉の「兵は神速を貴ぶ」との献策を採用し、騎兵部隊をその機動力を活かして進軍させ、建安12年(207年)、曹純率いる虎豹騎がこの烏丸との戦いでも総大将の蹋頓(とうとん)を捕虜にするという大手柄をあげました。

これにより烏丸は総崩れとなり、曹操の河北平定へとつながったのです。袁尚はさらに北へ逃れますが、最後は遼東の公孫康に助けを求めましたが曹操を恐れた公孫康によって殺害され袁家は滅亡しました。

戦後、曹純は高陵亭侯に封じられます。

対劉備での隠れた功績

河北を平定した曹操の次なる課題は南の荊州ですが、ほどなくして荊州の劉表が死去します。後継の劉琮は戦わずして曹操の軍門に降ったため、劉表のもとに身を寄せていた劉備は南へ退却しますが、それを追撃したのも曹純率いる虎豹騎でした。

虎豹騎は劉備軍を追撃して大いに破り、長坂で追いついたときには劉備の2人の娘を捕え、さらに南下して荊州の要である江陵を制圧することにも成功しています。

演義では、この時に趙雲がまだ幼い劉禅を抱いて単騎で曹操の陣営を突破し、張飛が橋の上で大喝して曹操軍の追撃を止める活躍を見せていますが、曹純の虎豹騎の活躍に触れられることはほとんどないでしょう。これは蜀漢を正当とみなす思想の産物と思われます。

Sponsored Links

曹純死後の虎豹騎


長坂坡の戦いの後の有名な赤壁の戦い(208年)でも、許都に退却する曹操の身辺を警護したのは虎豹騎でしたが、虎豹騎を率いてきた曹純は建安15年(210年)に死去しています。

赤壁後の呉の周瑜との南郡争奪戦において曹仁に従って大敗したとか、潼関での西涼の馬超・韓遂との戦い(211年)に従軍したとかも演義の創作です。

曹操は、「彼ほどの適任者は他にはいない」と考えて、曹純の死後も後任をおかず、自ら虎豹騎を率いたといいます。曹操率いる虎豹騎も、西涼軍との戦いにおいて成宜を討ち取る活躍を見せています。

最期に・・・

 曹操の同族である曹休や曹真も虎豹騎を率いたことがあるようですが、具体的にどのような立場でこれを率いていたのかは定かではありません。
220年の曹操の死後、虎豹騎は歴史の表舞台から姿を消すことになります。

曹操親衛隊としての虎豹騎という理解を前提とするならば、曹操の死去によってその主要な役割を終えたといえるのかもしれません。

なお、虎豹騎は虎士とは別の部隊です。虎士とは、曹操を護衛するための歩兵隊で、かつては悪来典韋が率いていましたが、彼の死後は典韋に従っていた者も含めて許褚が率いることになりました。

名作”三国志 Three Kingdoms”を無料で視聴する方法

三国志は映画やドラマなどいろいろな作品がありますよね!

その中でも本場・中国で制作された”三国志 Three Kingdoms”は名作との呼び声が高く、管理人自身自信をもってお勧めできる三国志ドラマです。

実はYouTubeなどにもあるにはあるんですが、全部の話はなくとびとびの話しかなかったり違法行為なので運営から削除されて見れなくなったりしています。

ですが、FODプレミアムに登録すると”三国志 Three Kingdoms”の全話が見れて一か月以内に解約さえすれば料金は全くかからないんです。

 

\一か月無料プラス100p付き/

FODプレミアムで”三国志 Three Kingdoms”を無料で視聴する

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です