Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

孫堅ってどんな人なの?実は華雄を討ったのは孫堅だった!

Pocket

孫堅そんけん、字は文台ぶんだい

の礎を築いた孫策そんさく、そして安定あんていさせた孫権そんけん劉備りゅうびの妻ともなった孫尚香そんしょうこうらの父親であり、孫権そんけんと読みが同じことから、堅パパと表現されることも。曹操そうそう劉備りゅうびと同世代であり、董卓とうたくに「江東こうとうの虎」と恐れられた武勇を持つ人物です。

孫策そんさく孫権そんけんが勢力を拡大したことで、始祖しそとして祀られています。

今回はそんな堅パパを紹介していきたいと思います。

海賊退治で名を挙げ勢力の基盤きばんを作る


17歳の時、父と共に船で出掛けていた時、海賊達に遭遇そうぐうします。旅人達が怖れて近づこうとしないところ、孫堅そんけんは退治しに向かうのでした。

刀を手にして岸に上がり、手を振って東西に合図を出すような仕草をします。海賊達はそれが兵士達を指揮し、退路を断とうとしてるように見えたので、略奪りゃくだつ品を放り出し、あわてて逃げ出すのでした。孫堅そんけんはそれを追いかけ、海賊の内、1人の首を取って無事に戻ってきます。

この手柄てがら孫堅そんけんの名が知られるようになり、役所から仮の(警察・軍事を司る職)に任命され、これが出世の糸口となるのでした。

それから妖賊ようぞく(宗教結社を基盤きばんとした反乱勢力)の反乱を鎮圧ちんあつするなどの功績を立てた孫堅そんけんは、複数の県のじょう(県令けんれいを補佐する役目)となります。行政の仕事も担当するようになり、規律正しく、公正さを重視する人柄であったため、どこの県でも評判がよく、役人も民も彼を慕っていました。

このように武に秀でているだけでなく、統治とうち者としての力量も備えていることが伺えます。そうして地位が上がった孫堅そんけんの下には、郷里きょうりの知人や一旗あげることをもくろむ者など数百人が集まり、これが孫堅そんけんの勢力の基盤きばんとなります。

後にを支える朱知しゅち程普ていふはこのような過程で孫堅そんけんに仕えるようになります。そうして集まってきた者達を手厚く待遇し、身内のように扱ったので、孫堅そんけん軍は結束が強固になっていきました。

Sponsored Links

表舞台に立つ黄巾こうきんの乱の鎮圧ちんあつ


このじょうとして職務に励んでいた頃、天下を揺るがす大反乱、三国時代の幕開けとなった黄巾こうきんの乱が勃発します。後漢ごかんの朝廷は黄巾賊こうきんぞく討伐に車騎しゃき将軍の皇甫嵩こうほすうと、中郎将ちゅうろうしょう朱儁しゅしゅん派遣はけんします。

この際に朱儁しゅしゅんは同じ揚州ようしゅう出身で優れた手腕を知っていた孫堅そんけんに部下となって欲しいと依頼し、孫堅そんけんも快諾し、千人を率いて朱儁しゅしゅんの下へ付き、華々しい活躍を行い、武功を挙げていくのです。

朱儁しゅしゅん軍は連戦連勝で向かうところ敵なしでしたが、この時に孫堅そんけんの唯一とも言える欠点が垣間見えます。孫堅そんけん勇猛ゆうもうかつ大胆、そのため戦場でも常に自ら先頭に立ち、戦っていましたが、そのために負傷することもしばしばありました。

ある時苦戦を強いられ、負傷して落馬し、草むらの中に倒れ込むも、愛馬あいばが軍営に戻り、足で地面を蹴っていななき、歩き出したので、将士達は馬についていくと孫堅そんけんの下に辿り着いた、というエピソードもあります。それから十日程休養し、傷がある程度癒えると、また戦いに出ています。

このように自らは強いものの、一人で突出しすぎる癖があり、それが危険に遭遇そうぐうさせてしまいます。もちろん将自らが危険を顧みず先陣をきると、部下達もこの人に付いていきたい!と思い、士気は上がるでしょう。しかし、将が倒されてしまえばすべてが終わりです、この欠点が後に仇となってしまいます。

董卓とうたく連合に参加し華雄かゆうを斬る!

その後、各地で人材を手に入れ、転戦して実戦経験も十分に積んだ孫堅そんけん軍は、やがて軍ばつと化します。そして反董卓とうたく連合に参加し、袁術えんじゅつの部下となり、経済的援助を受けながら洛陽らくようへ向かいます。

董卓とうたくは南から孫堅そんけん軍が近づいてきたことを知り、猛将もうしょう華雄かゆう派遣はけんします。ここで「陽人ようじんの戦い」と呼ばれる戦が起きるのです。

この時の董卓とうたく軍の指揮官は大督護だいとご胡軫こしんであり、騎督きとく呂布りょふ派遣はけんされていましたが、胡軫こしん呂布りょふは仲が悪く、呂布りょふ胡軫こしんの足をひっぱり、作戦を失敗させようと嫌がらせを繰り返します。

いくら上司が嫌いとは言え、自分達がわざと負けるようにし、敵に味方を殺させようとする呂布りょふって、まさに無秩序ちつじょ、アナーキーすぎるでしょう。

呂布りょふの嫌がらせで疲労ひろう困憊こんぱいでボロボロの胡軫こしん軍、撤退しようとしたところに孫堅そんけん軍に追撃ついげきされ、大敗たいはいしてしまいました。この時に孫堅そんけん華雄かゆうを討ち取り、その首をさらしものにして勝利を喧伝けんでんしています。

あれ?と思う方もいらっしゃるでしょう、華雄かゆうって「虎牢関ころうかんの戦い」で関羽かんうに討ち取られたんじゃないの?と。それは演技での創作であり、本当は孫堅そんけんが倒しているのですが、演技は基本的に劉備りゅうび推しのため、関羽かんう鮮烈せんれつデビューを飾るためにこのようになってしまったのでしょう。

しかし、華雄かゆうは可哀想すぎますね…、演技では関羽かんうのかませ犬扱い、正史せいしではパワハラ上司とアナーキーな同僚どうりょうに挟まれ殺される…。

Sponsored Links

伝国でんこく玉璽ぎょくじを手に入れる!

玉璽ぎょくじと言えば、はちみつ皇帝袁術えんじゅつが思い浮かぶでしょうが、最初に見つけたのは孫堅そんけんです。そんな袁術えんじゅつの配下として董卓とうたく軍を次々と破っていった孫堅そんけん袁術えんじゅつ兵糧ひょうりょうを送らなくなるという嫌がらせもありつつ、洛陽らくように一番乗りを果たしています。

洛陽らくようは既に董卓とうたくによって焼け野原となっていましたが、孫堅そんけん軍はこの地の復興に尽力します。ある時、孫堅そんけん洛陽らくようの南の地域の瓦礫がれきを片付けていました。そしてある井戸の中から玉璽ぎょくじを発見、これを隠し持ち、すぐさま洛陽らくようを出発するのでした。

そして孫策そんさく形見かたみとして引き継がれ、孫策そんさく袁術えんじゅつに兵を借りるために譲ることになります。

勇猛ゆうもうさが仇となった猛将もうしょうの最後


その後、反董卓とうたく連合軍は不協和音ふきょうわおんが目立ち崩壊ほうかい孫堅そんけんは仲の悪い袁紹えんしょう袁術えんじゅつの袁氏一門の兄弟争いに巻き込まれてしまいます。

この頃は袁紹えんしょう袁術えんじゅつが中心となり、勢力争いが展開されていました。袁紹えんしょう劉表りゅうひょう同盟どうめいを結び、袁術えんじゅつ公孫瓚こうそんさん同盟どうめいを結んでお互い牽制し合います。このため、袁術えんじゅつ孫堅そんけん荊州けいしゅうに攻めこんで劉表りゅうひょう本拠地ほんきょちである襄陽じょうようを奪うようにと命じました。

後に「襄陽じょうようの戦い」と呼ばれるこの戦、孫堅そんけんはまず前衛ぜんえい基地であるはん城を攻撃、劉表りゅうひょうはこの樊城はんじょうを守っていた黄祖こうそ孫堅そんけん軍を追い払うよう命じます。孫堅そんけん迎撃げいげきに出てきた黄祖こうそ易々やすやす撃破げきは、そして漢水かんすいを渡り、劉表りゅうひょう居城きょじょうである襄陽じょうようを包囲します。

窮地きゅうちに陥った劉表りゅうひょう黄祖こうそに城外へ出て兵士を集めてくるように命じます。しかしそれを読んでいた孫堅そんけん黄祖こうそに待ち伏せをしかけるのですが、それが思わぬ結末をもたらしてしまうのでした。

兵士を集めていた黄祖こうそ奇襲きしゅうをしかけ、打ち破ると黄祖こうそ峴山けんざんという場所に逃げ込みます。ここで孫堅そんけん悪癖あくへきが出てしまい、自ら先頭に立ち、単騎たんき峴山けんざんに入り込み、黄祖こうそ追撃ついげきし討ち取ろうとしました。そこへ山林に潜んでいた黄祖こうその部下、呂公りょこうが弓矢で孫堅そんけん狙撃そげき、その矢が孫堅そんけんの体を貫き、亡くなってしまうのでした。

享年きょうねん37歳、孫堅そんけんは前述の通り、単騎たんきで突出する癖があり、この時も赤くて目立つ頭巾ずきんを身に着けていました。その勇猛ゆうもうさが彼に死をもたらしてしまったと言えるでしょう。

孫堅そんけんは貧しく、後ろ盾もないまさに徒手空拳としゅくうけんの状態から身を起こしたため、自ら先頭に立って、個人的な武勇を示さなければ、人がついてきてくれなかった、という事情もあったのかもしれません。

もう少し基盤きばんがしっかりとしていれば、このような無理をすることもなかったかもしれず、性格も慎重であれば、生存し、孫家そんけはもっと飛躍していたかもしれませんね。

名作”三国志 Three Kingdoms”を無料で視聴する方法

三国志は映画やドラマなどいろいろな作品がありますよね!

その中でも本場・中国で制作された”三国志 Three Kingdoms”は名作との呼び声が高く、管理人自身自信をもってお勧めできる三国志ドラマです。

実はYouTubeなどにもあるにはあるんですが、全部の話はなくとびとびの話しかなかったり違法行為なので運営から削除されて見れなくなったりしています。

ですが、FODプレミアムに登録すると”三国志 Three Kingdoms”の全話が見れて一か月以内に解約かいやくさえすれば料金は全くかからないんです。

 

\一か月無料むりょうプラス100p付き/

FODプレミアムで”三国志 Three Kingdoms”を無料むりょうで視聴する

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です