Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

劉備が蜀をてにいれるまでの道のりは?その道のりをご紹介!

Pocket

三国志の名の元にもなった、三国時代を形成した一国、しょく

劉備りゅうび益州えきしゅうに建てた国ですが、益州えきしゅう劉璋りゅうしょうが治めており、天嶮てんけんの地でもありました。その益州えきしゅうを獲ることは容易ではなく、二年もかかった大激戦でした。

しかしこのことが劉備りゅうびにとっては最重要なことであり、この地盤を得たことで曹操そうそうとの漢中かんちゅう争いに勝ち、漢中かんちゅう王、そして皇帝への道が開けたと言えるでしょう。

今回はそのしょくを手に入れるまでの道のりを順を追って紹介したいと思います。

しょくを手に入れようとしたきっかけは?


時は208年、赤壁せきへきの戦いの後、劉備りゅうびはどさくさに紛れて荊州けいしゅう江南こうなん諸郡しょぐんを制圧し、大きく勢力を伸ばします。この時、手柄てがらを横取りされたと憤るいきどお孫権そんけんと一触即発になりますが、に対抗する上で劉備りゅうびが必要と説いた魯粛ろしゅく仲介ちゅうかい孫権そんけん妥協だきょう。結局劉備りゅうびは、益州えきしゅうを得るまで南郡なんぐん拝借はいしゃくするという形式になります。

劉備りゅうびは以前からの諸葛亮しょかつりょうの進言の通り、益州えきしゅう劉璋りゅうしょうを攻め落とす機会を狙っていました。そして孫権そんけんもまた益州えきしゅうを狙っていましたが、周瑜しゅうゆの死によって単独での侵攻しんこうを諦め、劉備りゅうびに協力を求めています。この提案に乗るべきという意見もある中、殷観いんかん孫権そんけん軍の先駆けさきがとなるよりも独力で攻めとるべき、という提案に従い、孫権そんけん益州えきしゅう攻撃に賛成しつつも曖昧あいまいな態度を示すと、孫権そんけん益州えきしゅう攻撃を断念しました。

益州えきしゅう張松ちょうしょうの企み

そして時は流れ211年、益州えきしゅう劉璋りゅうしょうから曹操そうそう同盟どうめいを結ぶように言われた張松ちょうしょう劉備りゅうびを訪ねてきます。

張松ちょうしょう曹操そうそうとの提携ていけい模索もさくするため使者ししゃとして曹操そうそうの下へ向かいますが、冷遇れいぐうされすっかり愛想あいそを尽かしていました。そこで心からの歓待かんたいを受け、劉備りゅうびを気に入り、惰弱だじゃくな性格である劉璋りゅうしょうを見限り、排除はいじょして劉備りゅうびを新たな君主くんしゅに迎えようと企むたくらのです。

Sponsored Links

法正ほうせい達により益州えきしゅうに引き入れられる

益州えきしゅうに戻った張松ちょうしょう曹操そうそうのことをボロクソにけなし、劉備りゅうびを持ち上げ、曹操そうそう張魯ちょうろに対抗するために引き入れることを進言します。黄権こうけん劉巴りゅうはらが猛反対しますが、劉璋りゅうしょう張魯ちょうろを恐れていたため、乗り気になって法正ほうせい孟達もうたつ劉備りゅうびへの使者ししゃとして派遣はけんします。

しかし、既にこの2人も張松ちょうしょうとグルであり、劉璋りゅうしょう廃立はいりつしようとしていました。法正ほうせい劉備りゅうび益州えきしゅうを取る方策ほうさくを語り、これを受けた劉備りゅうび要請ようせいがあったことを名目めいもくに、黄忠こうちゅう魏延ぎえんのような猛将もうしょう、軍師として龐統ほうとうを伴い、2万の兵力を率い、法正ほうせい孟達もうたつを引き連れてしょくに入ります。

劉備りゅうびの甘さ

に至ったところで劉璋りゅうしょうは大喜びで自ら出向き、歓迎の宴を催し兵力1万と戦車や武器や鎧などを与えます。これで劉備りゅうび軍は総勢3万人となりました。能天気な劉璋りゅうしょう劉備りゅうびが自分に代わって張魯ちょうろを討ってくれると信じて疑っていないのです。そこで法正ほうせい龐統ほうとうらの参謀さんぼうは、ここで劉璋りゅうしょう暗殺あんさつすれば手間が省けると進言しますが、劉備りゅうび益州えきしゅうに入ったばかりであり、人心じんしんを得るのが先決であるとこれを却下きゃっかします。

もちろん新野しんや領民りょうみん、10万人を見捨てることができなかった劉備りゅうびが、自分を心から信頼してくれている劉璋りゅうしょうに対し、そんなことできるはずがありません。その甘さが劉備りゅうびの欠点でもあり、海より深い人徳じんとくとしての長所でもあるのですが。

葭萌関かぼうかん駐屯ちゅうとん張魯ちょうろ討伐!のフリ


劉璋りゅうしょう要請ようせいに応じて、一応張魯ちょうろ討伐に赴こうと、漢中かんちゅうの手前の葭萌かぼう関に駐屯ちゅうとんした劉備りゅうび。しかしそこで目立った軍事行動は起こさず、人心じんしん収攬しゅうらんなどに務め、しょく征服の足掛かりを築くことに努めました。

劉璋りゅうしょうはいつまで経っても軍事行動を起こさない劉備りゅうびに対し、次第に苛立いらだちと不信ふしんを募らせていきます。そんな折、212年、曹操そうそう孫権そんけん揚州ようしゅうを巡って戦闘状態となり、「濡須口じゅしゅこうの戦い」と呼ばれる戦が起きます。

そこで孫権そんけん劉備りゅうび援軍えんぐんを求めます、これをネタにさらに劉璋りゅうしょうから兵力を巻き上げて東へ行こうと兵4000を希望しますが、劉璋りゅうしょう劉備りゅうびを疑っており、僅かな兵力しか与えませんでした。

そして荊州けいしゅうでは関羽かんう楽進がくしん対峙たいじしており、張魯ちょうろは城に籠っているから心配要らないと、劉備りゅうびはひとまず荊州けいしゅうへ戻ろうとしていました。

張松ちょうしょうの悲劇

この時、成都せいとに残った張松ちょうしょう劉備りゅうびの行動の遅さに苛立いらだち、しかも荊州けいしゅうに帰るということで意図いとを疑ったため、劉備りゅうび法正ほうせいに手紙を送りますが、その手紙が漏洩ろうえいしてしまい、クーデターを起こそうとしていた企みが劉璋りゅうしょうにバレてしまいます。張松ちょうしょうは一族皆殺しになり、劉備りゅうびの野心も露見ろけんしてしまうのでした。

バレて腹を括り成都せいと侵攻しんこう開始


本心がバレてしまった劉備りゅうび、腹を括って成都せいと侵攻しんこうを決意、そして龐統ほうとう策略さくりゃくを用いて、白水関はくすいかんを守る劉璋りゅうしょうの武将である楊懐ようかい高沛こうはいを斬り殺して、白水関はくすいかん占領せんりょうします。そして、葭萌関かぼうかん霍峻かくしゅんを置いて守らせると、劉璋りゅうしょうから借りた将兵しょうへいとその妻子さいし人質ひとじちにして、自らは黄忠こうちゅう卓膺たくよう延らと共に、成都せいとを目指して進撃を開始したのです。

劉璋りゅうしょうの悪あがき

慌てた劉璋りゅうしょう劉備りゅうびの進撃を防ぐため、張任ちょうじん冷苞れいほう劉璝りゅうき鄧賢とうけん呉懿ごい派遣はけん。しかし劉備りゅうび本軍は張任ちょうじん冷苞れいほう劉璝りゅうき鄧賢とうけんらを破り、城を陥落かんらくさせ、さらに綿竹めんちく関の総指揮官である李厳りげん費観ひかん降伏こうふくさせる快進撃を続けます。

さらに懿ら劉璋りゅうしょう軍の武将が劉備りゅうび投降とうこうするなど、劉備りゅうび軍が優勢ゆうせいなまま戦況せんきょうは進みました。なかでも一軍を任された黄忠こうちゅうは常に先駆けさきがて敵の陣地じんちを攻め落とすなど一番手柄てがらを記録し、その勇猛ゆうもうさは三軍の筆頭ひっとうだったといわれています。

鳳雛ほうすう、地に堕ち戦場に散る…

順調に進撃を続けていた劉備りゅうび軍でしたが、綿竹めんちく関の次にあるらく城は、成都せいとを守るだけあり難攻不落なんこうふらくでした。守るのは張任ちょうじん劉循りゅうじゅん、特に張任ちょうじん名将めいしょうであり、雒城らくじょうに立て籠もって徹底抗戦こうせんてっていこうせんする彼らを陥落かんらくさせるのは容易ではありません。

そしてここで劉備りゅうび龐統ほうとうを失う痛手いたでを負ってしまうのです。

張任ちょうじんは、雒城らくじょうの手前の落鳳坡らくほうはという細い道に伏兵ふくへいを仕掛けます。劉備りゅうびが白馬に乗っている情報を得ていたため、白馬が現れた瞬間に矢の雨を降らそうと考えました。そして白馬に乗った劉備りゅうびが現れるや否や、張任ちょうじん伏兵ふくへいは矢の雨を降りそそぎます。

張任ちょうじん「やった!劉備りゅうびを仕留めたぞ!」

喜び勇んで姿を現す張任ちょうじんですが、矢を全身に受け落命していたのは劉備りゅうびではなく、龐統ほうとうでした。

龐統ほうとうが撃たれた理由

何故龐統ほうとう劉備りゅうびの白馬に乗っていたのでしょうか?龐統ほうとうは「落鳳坡らくほうは」という地名に嫌な予感を感じていました、鳳凰ほうおうが落ちるという意味、そして自分の二つ名は「鳳雛ほうすう」。そこで龐統ほうとう愛馬あいばが暴れ、足を挫いたため、劉備りゅうびが自分の愛馬あいば的盧てきろを貸していたのです。その予感が的中してしまい、龐統ほうとうは36歳の若さで戦死してしまいました。劉備りゅうび龐統ほうとうを失ったことを悲しみ、思い出す度に涙を流したと言います。

ちなみに正史せいしでは龐統ほうとうが戦死した場所、ということで後から落鳳坡らくほうはと名付けられています。

Sponsored Links

伏龍ふくりゅう参戦

同じ頃、劉備りゅうび葭萌関かぼうかんに残した霍峻かくしゅんは、劉璋りゅうしょう軍の扶禁ふきん向存しょうそんの1万の軍勢に包囲されていました。このままでは危ないと感じた劉備りゅうび諸葛亮しょかつりょう使者ししゃを送ります。

龐統ほうとうの死を知った諸葛亮しょかつりょう、その要請ようせいに応え、荊州けいしゅう関羽かんうに任せ、張飛ちょうひ趙雲ちょううん劉封りゅうほうを連れて劉備りゅうび援軍えんぐんに向かいます。張飛ちょうひ江州こうしゅうを守る老将ろうしょう厳顔げんがん撃破げきはして味方に引き入れました。厳顔げんがん毅然きぜんとした態度を示したため、張飛ちょうひはその人物を評価して、厳顔げんがん賓客ひんきゃくとして厚遇こうぐうしたといわれています。

諸葛亮しょかつりょうはゲリラが出るのを防ぐ為に、張飛ちょうひに命じ巴西はせいから徳陽とくようを制圧させ、ちょう雲には江陽こうよう犍為けんいまで進軍させてひとつ、ひとつ、しらみ潰しに都市を攻略した上で成都せいとに向かいました。張飛ちょうひの軍勢は劉璋りゅうしょう軍との全ての戦いで勝利したとされています。

次々と劉備りゅうびに寝返る諸都市の中、広漢こうかん県を守る黄権こうけんは堅く門を閉ざして防備を怠らず、終戦しゅうせんまで広漢こうかん県を守り通しました。

劉備りゅうびはその忠義を賞賛したといわれています。

成都せいと開城


援軍えんぐんを得たことで勢いを盛り返した劉備りゅうび軍、龐統ほうとうを失い、1年以上もかかるなど大いに苦戦した雒城らくじょう張任ちょうじんを倒したことで弱り、劉循りゅうじゅん成都せいとに退却したことで陥落かんらくさせることができました。

葭萌関かぼうかんで包囲を受けていた霍峻かくしゅんも1年に渡り守り通し、数百の軍勢の中から精鋭せいえいを選抜し、城外へ出撃して扶禁ふきん向存しょうそんを破り、向存しょうそんを斬りました。

こうして夏頃、劉備りゅうび諸葛亮しょかつりょう張飛ちょうひらと合流して成都せいとを大軍で包囲します。この時、しょく郡太守の許靖きょせい劉璋りゅうしょうを見捨て、城を脱出して降伏こうふくしようとしますが、発覚して捕らえられます。しかし事態が逼迫ひっぱくしていたため、劉璋りゅうしょう許靖きょせい処罰しょばつしませんでした。

粘る劉璋りゅうしょう

大軍に囲まれた劉璋りゅうしょうですが、成都せいと城中に3万の兵と1年分の兵糧ひょうりょうがあり、備えが充分で将兵しょうへいも意気盛んであることから籠城ろうじょう戦で抗戦こうせんしようとします。

そこで劉備りゅうびは策を弄します。張魯ちょうろの下に寄寓きぐうしていた馬超ばちょうの下へ李恢りかい派遣はけんし、自軍に降るように誘うのです。馬超ばちょう張魯ちょうろと不仲になっており、その配下の楊白ようはくらとも対立していたため、八方塞がりになっていました。そこで渡りに船と、この誘いに乗って成都せいとまで降りてくることになります。

益州えきしゅうで広く猛将もうしょうとしての有名が轟く馬超ばちょう劉備りゅうび帰順きじゅんしたことを知った劉璋りゅうしょう震撼しんかんし、心がポッキリと折れてしまいました。官民かんみんの多くは劉備りゅうびと戦う覚悟であり、鄭度ていどのように焦土しょうど作戦を進言するものもいました。焦土しょうど作戦が行われるかもしれないことを心配していた劉備りゅうびですが、法正ほうせいは優柔不断で領民りょうみん思いな劉璋りゅうしょうはそれを採用できないだろうと安心させ、自身は劉璋りゅうしょうに手紙を送り、降伏こうふく勧告かんこくします。

蜀の陥落

そして214年夏の5月、劉備りゅうび簡雍かんよう降伏こうふく勧告かんこく使者ししゃとして送り込むと、劉璋りゅうしょうは「我々親子は20年以上も益州えきしゅう統治とうちしたが、人々に恩恵おんけいを施した事が無かった。人々が戦いに3年も明け暮れて血を流したのは私のせいだ。どうして平気でいられようか、わしはもはや領民りょうみんを苦しめたくない」と言って城門を開き、自発的に劉備りゅうび降伏こうふくしました。この降伏こうふくに家臣は全員、涙を流したといいます。

こうして2年に及んだ劉備りゅうびしょく獲りは完了したのです。劉備りゅうび劉璋りゅうしょう身柄みがらと財産を保障し、振威しんい将軍の印綬いんじゅを与えた上で公安こうあんに送り、自ら益州えきしゅう牧となります。豊富な物資と精強せいきょうな軍勢を手に入れると共に、黄権こうけん劉巴りゅうは許靖きょせいなど劉璋りゅうしょうの旧臣を積極的に召抱えて陣容じんようを充実させました。

益州えきしゅうという土地、物資、軍勢、人材を手に入れましたが、その代償だいしょう龐統ほうとうを失っています。龐統ほうとうの死で諸葛亮しょかつりょうの負担が激増したとされていますが、もし龐統ほうとうが生きていれば…、と思う場面はたくさんありますね。しかし、益州えきしゅうを得ることができていなければしょくが建国されることはなかったでしょう。

最期に

最初は黄忠こうちゅう延、龐統ほうとうで頑張っていたのに、最終的にはやっぱり諸葛亮しょかつりょう張飛ちょうひちょう雲と真打しんうち登場!という感じではありましたね。

そして葭萌関かぼうかんを1年も守り抜いた霍峻かくしゅん、彼にもうちょっとスポットライトを当ててくれてもいいのではないでしょうか、結構地味に頑張っているのに…。

名作”三国志 Three Kingdoms”を無料で視聴する方法

三国志は映画やドラマなどいろいろな作品がありますよね!

その中でも本場・中国で制作された”三国志 Three Kingdoms”は名作との呼び声が高く、管理人自身自信をもってお勧めできる三国志ドラマです。

実はYouTubeなどにもあるにはあるんですが、全部の話はなくとびとびの話しかなかったり違法行為なので運営から削除されて見れなくなったりしています。

ですが、FODプレミアムに登録すると”三国志 Three Kingdoms”の全話が見れて一か月以内に解約さえすれば料金は全くかからないんです。

 

\一か月無料プラス100p付き/

FODプレミアムで”三国志 Three Kingdoms”を無料で視聴する

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です