Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

周瑜は本当に戦の天才?救国の英雄の真実とは?

Pocket

周瑜しゅうゆと言えば赤壁せきへきの戦いで曹操そうそうの大軍をジャイアントキリングしてブレークしましたが、赤壁せきへきの戦いの真実性について異議いぎアリ!とする説も出ているようです。そうなると周瑜しゅうゆに対しての評価も変わってくることになります。

はたして周瑜しゅうゆは戦の天才だったのでしょうか。

赤壁せきへきの戦いについての記事が別にあるので重複ちょうふくしてしまうところがあるかもしれませんが、ここでは赤壁せきへきでの戦いの前後も含めての周瑜しゅうゆにスポットを当てて見ていきます。

赤壁せきへきの前に孫堅そんけんに進言

最初、戦いの始まる前に曹操そうそうの軍が進行してくるということで、ではミーティングをします。

皆、ビビッてしまって降伏こうふくを勧める中、周瑜しゅうゆ一人だけが勝算アリとして戦うことを主張します。

同じことを考えていた孫権そんけんが賛同して目の前の机をぶった斬り、「反対する奴はこの机と同じ目に合わせるぞ!」と言って戦うことに決定したことになっています。

ところが「正史せいし」に注をつけた裴松之はいしょうしによると、元々曹操そうそうと戦う計画を考えたのは魯粛ろしゅくであり、魯粛ろしゅくが先に計画していたことをスルーして、周瑜しゅうゆ一人が戦うことを主張したとしたことに、魯粛ろしゅくの案をパクっていいとこどりしているといったような指摘をしています。まあ、魯粛ろしゅくはゴースト軍師ということになるのでしょうか。

また、これは既に知られていることですが、火を使った計略も周瑜しゅうゆが考えたわけではなく、部下の黄蓋こうがいのアイディアです。

そして既にこの時、曹操そうそう軍では疫病えきびょうが発生していました。結果、この作戦は大成功となるわけですが、後に曹操そうそう孫権そんけんに手紙を送っています。

Sponsored Links

曹操そうそう孫権そんけんにあてた手紙


赤壁せきへきの戦いでは疫病えきびょうが発生したので自分で船に火をつけ自ら撤退した、不本意なことに周瑜しゅうゆには虚名きょめいを与えてしまったという内容でした。普通にとったら、負け惜しみじゃん!なのですが。

最初に赤壁せきへきの戦いの真実性について異議いぎアリ!とする説があると述べましたが、中国の研究者でこの曹操そうそう孫権そんけんへの手紙をピックアップしてというより、これを事実として唱えている人がいます。曹操そうそうは負けてスタコラ逃げたのではなく、自ら撤退したというわけです。

周瑜しゅうゆ赤壁せきへきの戦いで活躍していない理由

その理由として三つ挙げられていて、一つ目は赤壁せきへきの戦いの後、周瑜しゅうゆは出世も昇給もしていないこと。

二つ目は孔明が劉禅りゅうぜんに宛てたとされる「出師すいしの表」の中で、曹操そうそうが5回ボロ負けしたことに触れていますが、その中には赤壁せきへきの戦いが含まれていないこと。

三つ目は北宋の司馬光が編纂した「資治通鑑しじつがん」という歴史書の中に、赤壁せきへきの戦いの1年後に、曹操そうそう周瑜しゅうゆをヘッドハンティングするために部下を派遣はけんしたとの記載があること。

としています。三つ目の理由はよくわかりませんが、これらのことは曹操そうそう赤壁せきへきの戦いでに負けたのではなく、しかもよりも強い場合にのみ可能である。でないと道理が通らないとしています。

結局のところ、赤壁せきへきの戦いで曹操そうそうが負けたのか自らトンズラしたのかは分からないです。(何じゃそりゃ!したら今まで何をウダウダ書いとったんだべ!といわれそうですが。)

ぶっちゃけホントの事なんかわからないと思います。過去のことは。しかも1,800年も前のことですから。「正史せいし」にしても絶対正しいとは言い切れないと思います。(それを言っちゃーおしめーだ!)

現代の私たちにできることとしては残っているものから当時のことを考えてみるということではないでしょうか。

疫病えきびょうが勝利を呼んだ

話を戻すと曹操そうそうが負けたかどうかの真相はハテナですが、疫病えきびょうが発生したことは事実です。これは実にポイントだと思います。

歴史に「たら」(サカナちゃいますよー!)はないと言われますが、これがなかったら結果は変わっていたのではないでしょうか。

少なくとも軍での疫病えきびょう発生はしょくのタッグ軍にとってはラッキーだったと言えます。

曹操そうそう軍が撤退した後も、周瑜しゅうゆ追撃ついげきして江陵城にいた曹操そうそう従弟いとこ曹仁そうじんを撤退させたことになっていますが、「呉録ごろく」では劉備りゅうび周瑜しゅうゆにコラボして攻めるような作戦をアドバイスしていることが書かれています。

つまり、またしても周瑜しゅうゆが作戦を考えたわけではなく、しかも曹仁そうじんを撤退させたといっても、劉備りゅうびのアドバイスの内容からして、周瑜しゅうゆ単独の軍ではなく、当然に劉備りゅうびの軍とコラボして攻撃したと考えられます。

これについては、しょくの歴史書であれば、いいように書いてるなあと思えます。例えて言うと読売よみうり新聞のスポーツ欄に巨人がメインで取り上げられているみたいな。(巨人ファンの人、怒らんとってくださいよー!分かりやすいように例を挙げているだけで決して悪意はないです。)

ところがの歴史書に書かれてあるのでリアリティがあります。

Sponsored Links

周瑜しゅうゆ非凡ひぼんか平凡か


こうしてみると赤壁せきへきの戦いで軍はしょく軍とタッグを組んで、周瑜しゅうゆをコマンダーとしての大軍をジャイアントキリングしたわけですが、赤壁せきへきでの戦いの周瑜しゅうゆが一般に知られている周瑜しゅうゆのイメージと違ってきます。

しかしながら周瑜しゅうゆが平凡な人物であったというのでは決してありません。

周瑜しゅうゆが亡くなった後で孫権そんけんは皇帝になります。その時に孫権そんけんは「周瑜しゅうゆがいなかったら俺は皇帝になれなかった」と言うのですが、周瑜しゅうゆのことをべた褒めというよりむしろリスペクトしていたと思われます。

このことからも周瑜しゅうゆ非凡ひぼんな人物であったことが分かります。

最期に

途中でも言ったように過去の本当のことは分かりません。しかし、こういう説もある、こういう見方もある、こういう捉え方もあるということを知っていると面白さが増えると思います。そのうえで歴史を、三国志を楽しんでいただけたら幸いです。

名作”三国志 Three Kingdoms”を無料で視聴する方法

三国志は映画やドラマなどいろいろな作品がありますよね!

その中でも本場・中国で制作された”三国志 Threeスリー Kingdomsキングダム”は名作との呼び声が高く、管理人自身自信をもってお勧めできる三国志ドラマです。

実はYouTubeなどにもあるにはあるんですが、全部の話はなくとびとびの話しかなかったり違法行為なので運営から削除されて見れなくなったりしています。



ですが、FODプレミアムに登録すると”三国志 Threeスリー Kingdomsキングダム”の全話が見れて

一か月以内に解約さえすれば料金は全くかからないんです。

もし解約方法がわからず不安という方は以下の記事をご覧ください。
FODプレミアムを1分で解約する方法を画像で解説!


一か月無料プラス100p付き


◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です