キングダムのあらすじを簡単にざっくりとわかりやすく解説!

Pocket

キングダムは戦国七雄という7か国が争う大乱の時代で実際の中国の歴史をもとにしています。

キングダムの舞台は当時戦国七雄最強であったしん。そして後に歴史上はじめて中国を統一する始皇帝しこうていである嬴政えいせいと将軍・信(李信りしん)を軸に物語が進んでいきます。

 

 

キングダムは巻数が多く連載も長期にわたっているため、前半の話を覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

今回はキングダムの全巻あらすじをざっくりとわかりやすいように解説します。

 

 

 

時間がない人のための1分でわかるキングダム


しん王になったばかりの嬴政えいせいはまだ年が若かったので、呂不韋りょふいという大臣が実権を持っていましたがその後失脚していきます。

名実ともにしん王になった嬴政えいせいは本格的に天下統一を目指します。

 

 

しかし、しん軍は天下統一の序盤ちょうとの戦いで思いもよらぬ苦戦を強いられてしまいます。

しん軍は王翦おうせん筆頭ひっとう桓騎かんき楊端和ようたんわなど六将を投入し、信もまたちょう三大天さんだいてんの一人で武神を名乗る龐煖ほうけんを討ち取ります。

 

 

しかし、ちょうにはその時代を代表する将軍・李牧りぼくがおり精強せいきょうしん軍をもってしてもちょうの都・邯鄲かんたんは落ちませんでした。

ちょうの存亡をかけ王翦おうせん李牧りぼくの戦いがキングダムで現在連載中です。

以上がキングダムのかなりざっくりとしたあらすじです。

マンガ・キングダムの歴史的背景


キングダムは中国の始皇帝しこうていの時代、紀元前240年ごろでおよそ現代から2200年前の時代です。

この時の日本はというとまだ弥生時代、邪馬台国やまたいこく卑弥呼ひみこのさらに400年前の時代です。

 

 

中国は戦国七雄という列強が天下を競う乱世の時代した。

戦国七雄はしんかんちょうえんせいの七国になります。

 

 

その中でも当時最強は始皇帝しこうていが即位する前でもしんでした。

始皇帝しこうていが即位する前の昭襄王しょうじょうおう(始皇帝しこうてい曾祖父そうそふ)の時代の白起はくきという将軍が、強国のちょうと戦い勝利しました。

 

 

特には当時の首都を落とされるなど大打撃、結果は大きく弱体化していきます。

また、しんと同じくらい強国だったせいえん最高の名将めいしょう楽毅がくきに歴史的な敗北を決し、さらにえんの王が代替わりしたことで楽毅がくきも失脚し時代はしん一強の時代になります。

 

 

始皇帝しこうていの天下統一が消化試合といわれるのもこのような背景があるからです。

しかし、何事も最後の一押しが肝心もし始皇帝しこうていが暗愚だったら天下は統一されず戦乱の時代が長引いたことでしょう。

Sponsored Links

少年王・嬴政

始皇帝しこうていしん王に即位したのは13歳の時でした。キングダムはこの即位したばかりのころから描かれています。

今後は始皇帝しこうていではなくキングダムの呼び名であるしん王・政と呼んでいきます。

成蟜反乱偏(1-3巻)


物語はしんの片田舎で戦争孤児として暮らす信と漂から始まります。

信と漂は下僕として暮らしながら将軍を夢見て剣の稽古をして過ごしていました。

 

 

ある日、しん王・政の側近そっきんである昌文君しょうぶんくんが顔が政とよく似た漂を見つけ出し王宮に連れていきます。

政の異母弟・成蟜せいきょうは自分こそ王にふさわしいとしてクーデターを起こし、漂は政の影武者として命を落とすことになります。

 

 

成蟜せいきょうの追ってから逃げた政はその際信と出会い、漂の意志を継ぎ政の王座奪還を手伝うことにします。

そこに身寄りのない河了貂かりょうてんも加え、昌文君しょうぶんくんと合流し軍勢を持たなかった政たちはしんの山岳部に住む「山の民」に助けを頼むことにします。

 

 

数百年間交流がなかった、山の民たちは最初協力を拒みますが政の必死の説得により山の民の王・楊端和ようたんわの協力を得ることができ信の奮闘もあり王座を奪還します。

この時の功績により、信は下僕の身分を脱却し土地と家をもらい受け河了貂かりょうてんと暮らすことになります。

対魏 戦線・麃公VS呉慶(4-7巻)


王座奪還の際の傷が癒えたころ信は兵士募集の立札を見つけこれに志願します。

初めて戦場にでた信はそこでのちに飛信隊ひしんたいの仲間である羌瘣きょうかいたちと出会う。

 

 

この戦いはしんの戦いであり、しん麃公ひょうこう慶という将軍がそれぞれ率いていました。

戦局は屈強な兵士を持ち用兵や突破力に優れた麃公ひょうこう慶を討ち取りしんの勝利となりました。

 

 

信もここで武功を挙げ部下100人を束ねる百人将となりました。

呂不韋の暗躍と修行(8-10巻)


王宮にいる政は王でありながら危うい立場でした。

それは政がまだ年が若いことも関係していましたがそれ以上に呂不韋りょふいという相国しょうこくの存在が厄介でした。

 

 

呂不韋りょふいは政の父の代からの宰相さいしょう(大臣の最高位)で絶大な権力を持っていました。

政が王になれたのも呂不韋りょふいの働きがあったからで、そのため政は呂不韋りょふいに対して臣下でありながら逆らうことができませんでした。

そして政のことをよく思っていない呂不韋りょふいは政に暗殺あんさつ者を送ることになります。

 

 

この暗殺あんさつ者は信の活躍によって退治されますが、自身の力不足を知った信はかつて”しんの怪鳥”と恐れられた大将軍・王騎おうきの下で修業をすることになります。

また、河了貂かりょうてんは軍師の勉強のため、呂不韋りょふい配下の昌平君しょうへいくんのもとに行きます。

対趙戦線・大将軍王騎(11-16巻)


しんかん侵攻しんこう中の最中、ちょう李牧りぼくは虚を突いて信への進行を開始した。

多くの将軍がかんへ向かっている中、政の中華統一への思いに感銘を受けた王騎おうきは再び戦場に戻ることを決意。

 

 

信も百人将として戦に参加し、王騎おうき自らこの部隊を”飛信隊ひしんたい”と名付け戦場に送り出しました。

王騎おうき副将ふくしょう蒙武もうぶの活躍により敵本陣を落とし、あとは敵の総大将を捕らえるのみとなりましたがここで登場したのが李牧りぼくと同じくちょうの新三大天さんだいてん龐煖ほうけん

 

 

自らを武神と名乗る龐煖ほうけんしん軍は打撃を与えられましたが、攻めに転じた王騎おうきがついに龐煖ほうけん対峙たいじします。

龐煖ほうけん相手にじりじりと追い詰める王騎おうき、さすが大将軍といったところであと少しで倒せると思った刹那せつな、、、、

 

 

王騎おうきの背後に弓矢が刺さり、それに気を取られた王騎おうき龐煖ほうけんに深手を負ってしまいます。

ちょう軍の包囲を脱出した王騎おうきたちは後のことを副将ふくしょうとうに矛を信に預け、しんの怪鳥は深い眠りについてしまいました。

対魏戦線・蒙鷔VS廉頗(17-22巻)


ちょう同盟どうめいを結んだしんは次にに向けて侵攻しんこうします。
この時飛信隊ひしんたいは300人となり信も300人将に出世しています。

 

 

には元ちょう三大天さんだいてんだった名将めいしょう廉頗れんぱがおり、廉頗れんぱ廉頗れんぱ四天王を引き連れて参戦しました。

対するしん軍の総大将は今まで廉頗れんぱに勝ったことがない蒙驁もうごう老将ろうしょう軍や白老はくろうといわれ蒙武もうぶの父そして蒙恬もうてんの祖父にあたります。

 

 

廉頗れんぱに対して実力が劣る蒙鷔でしたが、副将ふくしょう王翦おうせん桓騎かんきは大将軍クラスの実力があるといわれており四天王を倒すなど廉頗れんぱを追い詰めていきます。

形勢が悪くなってきた廉頗れんぱは逆転を狙うため蒙鷔がいる本陣を強襲きょうしゅうします。
しかし、その本陣は蒙鷔が長年かけて熟成させた策が詰まっていました。

 

 

本陣に絶対の自信を持つ蒙鷔でしたが、なんと廉頗れんぱは本陣を攻略してしまいます。

結果、廉頗れんぱ蒙驁もうごうで一騎打ちが起こり蒙驁もうごうの左腕が切り落とされていました。

 

 

しかし、一騎打ちの最中、桓騎かんきの手によっての総大将が討ち取られ廉頗れんぱは負けを認めます。

羌瘣の離脱と河了貂の成長(23-24巻)

1000人将へと昇進した信でしたが羌瘣きょうかいが敵討ちの旅に出たことで戦術面が大きく弱体化しました。

戦では連敗を続ける中で軍師として修業をしていた河了貂かりょうてんが返ってくる。

 

 

河了貂かりょうてんのおかげで指揮・戦術が大きく強化された飛信隊ひしんたいはさらに活躍をしていきます。

一方、ちょう李牧りぼくは隣国のえん攻略に動き出していた。

 

 

えんは大将軍・劇辛をもって迎え撃つが武神龐煖ほうけんによって葬り去られてしまう。

合従軍編(25-33巻)


ある日、しんへと侵攻しんこうを開始した。

その侵攻しんこうと同時に北からちょうえん、東からかんせいの軍がしんに向かって侵攻しんこうしているとの報告が来る。

 

 

しん以外の六か国が同盟どうめいを結び合従軍がっしょうぐんとして攻めてきたのであった。
この合従軍がっしょうぐんを実現させたのはほかならぬちょう李牧りぼく

しんは全兵力を動員させ難攻不落なんこうふらく要害ようがい函谷関かんこくかんにて蒙驁もうごう・張唐を対象に任じ合従軍がっしょうぐんを迎え打つこととした。

 

 

しん軍・合従軍がっしょうぐんともに損害を出しながらも徐々に戦況せんきょうしん軍に傾いてくる。

合従軍がっしょうぐんの瓦解が目に見え始めるころ、李牧りぼくは別動隊を率い函谷関かんこくかんを裏道から抜け首都を落とす作戦を実行する。

 

この李牧りぼくの策に唯一気づいた将軍・麃公ひょうこう飛信隊ひしんたいを引き連れ別動隊についに追いつく。

しかし別動隊には武神・龐煖ほうけんがおり、麃公ひょうこうは善戦するも討ち取られてしまう。

 

 

麃公ひょうこうを倒した別動隊はしんの首都から間近の城・さいを攻め立てる。

しんは全兵力を函谷関かんこくかんに送っていたため、さいにはしん王・政自ら出陣していた。

 

 

しん王の存在によりさいの住民は奮起し別動隊相手に6日間さいを守ったが、遂に7日目城門が突破される。

誰もがさい陥落かんらくを考えたその刹那せつな楊端和ようたんわ率いる山の民が援軍えんぐんに駆け付けさいは落城を免れた。

 

 

この別動隊の失敗により、合従軍がっしょうぐんは撤退していき、信は合従軍がっしょうぐんの功により3000人将へと昇進する。

成蟜2度目の反乱偏(34-35巻)


敵討ちを終えた羌瘣きょうかいついに飛信隊ひしんたいに合流する。

羌瘣きょうかいの復帰により武力・戦術面で大きく強化されるようになる。

 

 

そんな折、屯留とんりゅうにて成蟜せいきょうが再び反乱を起こしたとの報告が上がってくる。

1度目の反乱の後、心成蟜せいきょうがを入れ替えた姿を見続けた政はこのことが呂不韋りょふいの策謀だと看破する。

 

 

信たちは屯留とんりゅうの反乱の鎮圧ちんあつ成蟜せいきょうの救出という任務を背負い屯留とんりゅうに馬を走らせる。

反乱の鎮圧ちんあつには成功したが、成蟜せいきょうを救出することはかなわずなくなってしまう。

嫪毐の乱偏(36-40巻)


では王騎おうきの元副将ふくしょうだったとう著雍ちょようを落とすべく侵攻しんこうが開始していた。

とうと合流した信だったが名将めいしょう火龍かりゅうの参戦によって苦戦をしてしまう。

 

 

王翦おうせんの息子・王賁おうほんの策によって著雍ちょようを何とか奪取した。

この時の功績によりとうは2番目の大将軍となる。(1番目は蒙武もうぶ)

信もまた5000人将へと昇格する。

 

 

著雍ちょようの復興の資金繰りに頭を抱える文官たちの元へ、政の実母・太后たいこうがやってきて著雍ちょよう一帯の復興費用を出すと宣言する。

その代わりに長官を偽の宦官かんがん嫪毐ろうあいにするように言うのであった。

 

 

著雍ちょようを実効支配した太后たいこう嫪毐ろうあいは、兵士や金銀兵糧ひょうりょうを北の太原に集め、”毐国あいこく”の建国を宣言してしまう。

しん国の混乱を受けこれを機にしんを滅ぼそうとする各国の思惑から援助を受けた毐国あいこくは徐々に力を増し始める。

 

 

そんな中、政も成人を迎え加冠かかんの儀にて正式な国王になろうとしていた。

呂不韋りょふい加冠かかんの儀を逆手にとってしん乗っ取ろうと考え毐国あいこくに反乱を促した。

 

 

念のために鎮圧ちんあつ軍を用意していた政は、呂不韋りょふい側近そっきん昌平君しょうへいくんの裏切りもあり鎮圧ちんあつに成功。

反乱の罪により嫪毐ろうあいはもちろん処刑、呂不韋りょふい相国しょうこくを解任され、政の実母・太后たいこう幽閉ゆうへいし秦しんの権力は政の下に集結された。

 

 

ここにしん王・嬴政えいせいの親政が開始されたのであった。

Sponsored Links

秦王・嬴政の親政

先王の代から絶大な権力をもっていた呂不韋りょふいが失脚したことで、政は本格的に中華統一の道をまい進することになる。

 

 

軍司令になった昌平君しょうへいくんは、15年で6国をすべて併合して中華統一を成し遂げると宣言する。

対趙戦線・黒羊の戦い(41-45巻)


ちょう黒羊こくようを攻めるために桓騎かんき軍と合流した信は、桓騎かんきのおよそ正規軍とは言えないような戦い方に反発する。

しかし、桓騎かんき軍は黒羊こくようの戦いで快勝しなおかつ損害も軽微だった。

 

 

対して飛信隊ひしんたいは多くの兵が負傷していてボロボロの状態で、敵の総大将・慶舎けいしゃを討ち取ったにもかかわらず桓騎かんきに反抗したことで武功を取り上げてしまう。

 

 

しんの首都・咸陽かんようではせいの国王とちょう李牧りぼくがやってきていた。

李牧りぼくせい王を信に贈る届けるのが役目のいわば守役もりやく

 

 

政と会談したせい王はしんの中華統一を決して邪魔しないと事実上の降伏こうふくを行った。

それに反して李牧りぼくは中華統一をやめるよう政を説得するが政が聞き入れることはなかった。

対趙戦線・列尾の戦いと兵糧攻め(46-48巻)


ちょう要衝ようしょうぎょうを攻めるため王翦おうせんを総大将に桓騎かんき楊端和ようたんわをそれぞれ大将に任じ咸陽かんようを出陣する。

楊端和ようたんわ都ともに飛信隊ひしんたい列尾れつびを落としたが、王翦おうせん列尾れつびが敵の罠だということを察知する。

 

 

王翦おうせん列尾れつびを取り返されるとしん軍はちょう国内で取り残されることを危惧しあえて列尾れつびを捨てる。

王翦おうせんは新たな作戦を立て、ぎょう周辺の小城を落としその難民をぎょうに向かわせることで兵糧ひょうりょう攻めにすることだった。

 

 

難民が集ったぎょうしん軍は包囲したが、ぎょうを解放しようとちょう軍が軍を起こす。

そのちょう軍には李牧りぼくもおり、王翦おうせん李牧りぼく閼与あつよの目と鼻の先である朱海しゅかい平原にて決戦を行う。

朱海平原と僚陽の戦い(49-59巻)


僚陽りょうようでは楊端和ようたんわ率いる山の民が奮起しちょう軍を圧倒し始めるが、兵糧ひょうりょう庫を焼かれしん軍は追いつめられる。

追い詰められた楊端和ようたんわは自らを囮にする作戦で敵の総大将を倒し勝利を収めることに成功する。

 

 

一方、朱海しゅかい平原では王翦おうせん李牧りぼくの知略での戦いが始まっていた。

信や王賁おうほん奮戦ふんせんするが一進一退の攻防が続き、ついに13日目にしん軍の兵糧ひょうりょうがなくなってしまう。

 

 

14日目に飛信隊ひしんたいは敵本陣を目指すがそこで現れたのが武神・龐煖ほうけん

辛くも龐煖ほうけんに勝利した信であったが、生死の境をさまよってしまう。

羌瘣きょうかいの命を懸けた禁術によって何とか命をつなぎとめ生還する。

 

 

龐煖ほうけんを失った李牧りぼく朱海しゅかい平原を脱出しぎょうに向かうが王翦おうせん追撃ついげきと、桓騎かんき軍の攻撃にあいぎょうを放棄。

要衝ようしょうぎょうはついにしんの手に落ちた。

 

 

ぎょうを手に入れた王翦おうせんだったが次は食糧難に襲われる。

本国から兵糧ひょうりょう部隊を送ったしん軍だったがこれが李牧りぼくによって壊滅させられる。

 

 

窮地きゅうち陥る王翦おうせんだったが、せいから兵糧ひょうりょうを運ぶという奇策によって兵糧ひょうりょう不足を脱出。

これによりぎょうは完全にしんの手中に入った。

 

 

本国に帰還した信は論功行賞ろんこうこうしょうによって、王賁おうほん蒙恬もうてんとともに将軍に昇進しさらに”李”という性を得る。

6大将軍復活(60-62巻)


しんちょうとの戦いに専念するためとの同盟どうめいを提案する。

これにはの将軍たちも難色を示したが、に対して共闘する条件で同盟どうめいは成立する。

 

 

飛信隊ひしんたいには羌瘣きょうかいを倒しに羌礼きょうれいがやってくるが返り討ちにあい飛信隊ひしんたいの一員となった。

政は咸陽かんようで新6大将軍の復活を宣言し蒙武もうぶとう王翦おうせん桓騎かんき楊端和ようたんわが任命され残り一人は空席となった。

平陽の戦い(63-64巻)


ちょう軍の守護神として総大将になった扈輒こちょう桓騎かんき軍に15万の兵士で攻撃を開始。

激しい扈輒こちょう軍の攻撃に中で桓騎かんきは腹心の雷土らいどを失うなど厳しい状況にあった。

 

 

ちょう軍の勝利を確信した扈輒こちょうは全軍を本陣から出し一気に勝負を決めようとした矢先、桓騎かんき軍が扈輒こちょうの本陣を急襲した。

扈輒こちょうが打たれたことで戦は終結、捕虜ほりょは数万人を超えたが、桓騎かんき雷土らいどのこともありすべて処刑せよと命じる。

 

 

このことを知った政はすぐさま桓騎かんき軍のところに向かう。

扈輒こちょう撃破げきはの功と魔論まろんの弁明によって処罰しょばつを免れた桓騎かんきだったが、あまり反省はしていない様子。

 

 

一方、扈輒こちょうが戦死したちょう軍では再び李牧りぼくが総司令となりちょうの首都・邯鄲かんたんを守ることとなった。

 

 

以上が今までのキングダムのまとめです。

話が進み次第更新していきますのでよろしくお願いします。

キングダムの最新刊・最新話を無料で読む方法


以上、キングダムに関する記事でした。
今回の記事を読んで、

漫画自体読んでみたくなった
という方にお勧めなのがU-NEXTです。
U-NEXTは
ポイント
1.1か月間の無料体験ができる!
2.ポイントで漫画・雑誌が1冊見れる!
3.多くの漫画や雑誌が配信されている
4.アニメ・ドラマ・映画が9万本無料!
5.アダルトも1万本以上見れる!
無料体験中の600ポイントでキングダムの最新刊や、キングダムが連載されているヤングジャンプを購入することができます。

登録自体も簡単で、解約もすぐできるのでこの機会にキングダムの最新刊・最新話を読んでみてくださいね。

もし解約方法がわからず不安という方は以下の記事をご覧ください。
U-NEXTを今すぐ解約する方法を画像付きで解説!無料期間中でもラクラク解約!


U-NEXT
◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です