Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

龐統(ほうとう)の生涯や最期の死因は?実はスパイとして活動していた?

Pocket

龐統(ほうとう)、字は士元(しげん)。諸葛亮と並んで鳳雛(鳳凰の雛)と称される人物です。

三国志演義でも劉備に荊州を攻めるように進言するエピソードや落鳳波での悲劇などで有名ですね。
劉備軍の軍師枠は諸葛亮一択の演技界隈ではサイドキッカー的な役割を担うことが多い印象です。

人物像としては個人の才や人相(占い的な意味で)に捉われ人柄などの評価が疎かになりがちだった孔明とは対照的に、人柄を評価し褒めて伸ばすタイプであったと記されています。演技や吉川英治氏の著では孔明と張り合うような心情が描かれていますが、実際のところ隠れ野心家だったとされる劉備や孔明と比べると出世欲は少ない人だったようです。

ただこの龐統、最近になりよくスパイ説があちこちで聞かれるようになりました。
それに関して多くの仮説が立てられていますが、個人的にはこうした説が叫ばれるようになった理由を探ってみたいと思います。
むろん個人的な仮説なので誤解なきように。

Sponsored Links

謎が多すぎる


この龐統、演技のエピソードをご存知の方ならお気づきでしょうが出番にかなりのムラがあります。早い話、その生い立ちに謎が多すぎるのです。

なぜ赤壁の戦いのとき彼は連環の計を案じたのでしょう(なぜ曹操軍に従軍しながら自分の主を裏切るような真似をしたのでしょう。確かに曹操軍は帝を擁立する悪手を働く非情な人物とされていますが、圧政を敷く暴君と言い難く反旗を翻す理由は少ないはずです)
そのとき徐庶は、連環の計に気づきながらなぜ龐統を見逃したのでしょう(徐庶自身がアレな人物と言ってしまえばそれまでですが、それにしても疑問が残ります)

その後、なぜ龐統は孫権軍や劉備軍を転々とすることになったのでしょう(はっきりとした記述が少ない。そもそも当時の価値観的に自分の主人を簡単に鞍替えすること自体がグレーゾーンな御法度とされていることを考えれば不自然ともいえる)

そして劉備は、なぜ始めに龐統を僻地の任務に飛ばしたのでしょう(普通なら自分が激推ししてる軍師のマブダチを粗末に扱うでしょうか。見た目が気に入らなかった?お前自分の耳たぶと末弟の面見て同じこと言えんの?)

そして最後に死没の経緯がフワッとしてることです(史実では流れ矢に当たって死亡とされているが、そもそも軍師が前線に出向くこと自体がおかしい。奇襲を受けて、ならわかりますが)

Sponsored Links

孔明激推し信仰の荒廃


当時、まだ三国志がマイナーな逸話だったころ。オタク的には横山光輝の漫画版三国志が流行る前、個人的には三國無双が売れるよりずっと前。

三国志を語る人々にとって諸葛孔明はまさに神の如く崇められる存在でした。
軍師を語るなら諸葛亮一択。他の軍師もまぁそこそこやるだろうが孔明には及ばん。戦で負けるとしたらそれは部下がポカをしたり上司がポンコツだったからだ。あと星の巡りとかのコズミックな事情、あの星落ちたら俺死ぬわ、やべー落ちたわ。っべー死ぬわ流石の天才軍師もこれには逆らえんわ。

少々盛りましたが、これに近い信仰の類が当時にはありました。

ですが時代が進むにつれて、多くの通説が生まれるようになりました。他の人物の擁護説、ヒーロー同然とされた英雄の負の側面、暗愚とされた武将が実は云々かんぬん・・・・

そうした時代の流れに押されるように、孔明一択の栄光も次第に陰りを見せ始めます。
そうなるとどうなるか、これまでは彼の光に隠れていた謎めいた逸話の影が深みを帯び始めます。わかりやすく言うと上記のような「アイツなんであの時あんなことしたの?」みたいな疑問が生じやすくなるわけです。

その矛先の一人が龐統です。これまでは最終的に孔明一人を引き立てるための龐統の逸話的な在り方が揺らいだことにより、彼は名サイドキッカーから一転して謎の多すぎる男としての側面を持ってしまったのです。

以上の面を考慮すれば、彼にスパイ説が生まれるのも無理からぬ話です。
ただ誰にとってのスパイなのかという点で疑問が残ります。
一番ありそうなのが劉備軍・・というか孔明側です。名実ともに孔明のサイドキッカーとして暗躍していた、というのが自然な運びです。

ただ筆者的には呉、すなわち孫権軍側のスパイだったのでは、という説を推します。
そうすることで色んな逸話に理由が付けられるからです。
(連環の計も実は孫権軍の差し金。周瑜軍を離れたのは醜い見た目を嫌われたからでなく、初めからスパイ目的で劉備軍に近づいたから。劉備に僻地の任務を言い渡されたのは、龐統の危険性を彼がいち早く見抜いたから。劉備自身、人材を見抜く力は人一倍あったとされています。戦死したのだって流れ矢なんかではなく実は後ろから・・・・・)

如何だったでしょうか、粗だらけの駄検討ですが、すこし違う角度から龐統という人物を語らせていただきました。
ここまで読んでいただいた方に少しでも興味を持っていただければ幸いです。

あと最後に、なんだかんだと語りましたが筆者は三國無双の彼が一番好きです。飄々とした好々爺、たまらん。

閲覧、ありがとうございました。

名作”三国志 Three Kingdoms”を無料で視聴する方法

三国志は映画やドラマなどいろいろな作品がありますよね!

その中でも本場・中国で制作された”三国志 Three Kingdoms”は名作との呼び声が高く、管理人自身自信をもってお勧めできる三国志ドラマです。

実はYouTubeなどにもあるにはあるんですが、全部の話はなくとびとびの話しかなかったり違法行為なので運営から削除されて見れなくなったりしています。

ですが、FODプレミアムに登録すると”三国志 Three Kingdoms”の全話が見れて一か月以内に解約さえすれば料金は全くかからないんです。

 

\一か月無料プラス100p付き/

FODプレミアムで”三国志 Three Kingdoms”を無料で視聴する

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です