Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

姜維(きょうい)の後世の評価や諸葛亮とはどんな関係?北伐の成果は?

Pocket

姜維の後世評価

姜維は三国時代の後期蜀漢有名な武将である。
陳寿の《三国志》の姜維は過小評価されましたが、東晋後の《裴松之注》により、姜維は高く評価された。

彼は天水郡出身の魏将であり、蜀の諸葛亮が北伐の際に蜀漢に降伏しました。その後、諸葛亮は彼を重用し、諸葛亮死後の蜀の軍事面で延命させた功臣として描写され、鍾会、鄧艾など魏の将兵からの評価も高かった。

姜維がむやみやに外征による国力の疲弊させた事に関して批判がされたが、後世の作品では蜀漢の衰退の原因を客観的に分析し姜維に弁護を行い、過剰な否定をしないという考え方も見受けられる。

姜維の多熱的な感情は蜀漢史の華である。国力貧弱である蜀漢で連年の北伐を敢行する姜維を支えるは、理想か妄執か、人によってそれぞれの考え方が違うけど、彼が自分の生命を燃やして蜀漢を照らす、最後まで忠誠を尽くすことを敬意を表したいと思う。

Sponsored Links

姜維與諸葛亮的關係


諸葛亮は「姜維は仕事を忠実に勤め、思慮精密である。涼州で最高の人物だろう」と言い、また「姜維は用兵に秀で、度胸があり、兵の気持ちを深く理解している」など、その才を高く評価し、奉義将軍の官を与えた。

当時の蜀漢に降伏した将軍の中実は破格な待遇である。その後、姜維は諸葛亮の愛弟子として側において、兵法、陣法、連弩、攻城などの妙技を育て、期待を寄せたが、諸葛亮が次世代の後継者を決める時、姜蒋琬と費褘の優れた文官二人を指名した。

その理由は、二つがある。一つ目は連年の北伐による国力の疲弊と政務の混乱など色んな問題があり、国力増強に専念して、数年後国力が回復後、姜維に軍権を与えて、北伐を続いた方が良い。

二つ目は、もし姜維が孔明の後継者として蜀を背負った場合、連年の北伐を敢行し、勝算なく国力ばかり消費してしまう北伐を行う可能性がある事を考えたかもしれない。

諸葛亮の5回北伐と姜維11回の北伐を比べて、姜維の戦敗回数の方が多い。確かに姜維の才能、威光や人望は諸葛亮に及ばないけど、師匠の諸葛亮の遺志を継いて、諸葛亮の知遇の恩に報うため、最後まで自分の一生の力を奉献し、蜀漢の国運を支えてくれた。

Sponsored Links

北伐的成果


西暦238年諸葛亮死後、姜維と蒋琬一緒に漢中に駐在して蜀漢を守り、259年から姜維が軍権を掌握して、姜維が蜀滅亡するまで前後11回の北伐を行なった。

その結果、合計は戦勝五回、引き分け四回、戦敗二回。一見、北伐の戦果はあまり良くないと思われるかもしれないけど、姜維は涼州出身の降将なので、朝廷内で孤立される。

また、国力が貧弱の蜀は、軍備、人材厳重な不足だけど、色んな不利な条件があっても、劣勢に立ったとしても、戦略的な優位を確保することを考えて、必死に逆転して勝つことができる。だから、姜維の軍事才能が蜀の五虎大将軍より優秀と高く評価されても過言ではない。

253年頃費褘が刺殺された後に、姜維は蜀の軍権を握り、数万の兵を率いて北伐を敢行した。翌年第三、四回の北伐を行い、姜維は天水郡西北部の狄道、臨洮、河関三県の広い領地を奪い合って、当地の領地民を蜀に転居して貰い、貴重な労働生産力を取得した。これは蜀漢後期北伐重要な成果である。

そして翌年には、夏侯覇らとともに魏の王経を洮水の西で大破した。王経軍の死者は数万人に及んだと言う。師匠の諸葛亮が取れない雍州ももう少し取れるところだった。この功績はより姜維が256年に大将軍に昇進した。

しかし、同年段谷の戦いで魏の名将鄧艾に大敗し、国力をおおきに疲弊させた。その姜維は後何回の北伐を続いたが、鄧艾の守備を突破出来なかった。

確かに姜維の北伐も蜀の衰退の原因の一つだけど、戦勝国としての魏も大きな損失を与えた。つまり、姜維が北伐を行なったからこそ、蜀と魏の国力の差が小さくなる。姜維は諸葛亮の志を継ぎ、小国の蜀の軍を率いて大国の魏と戦って、魏を長期の軍備の消耗戦に入ってしまって、国力も削った。

北伐の繰り返しを通じ、一番弱い蜀は魏・呉と隣り合わせて、隙間で何十年も生き残る。その時の時代背景による、後漢政権を継承することを主張する蜀が、北伐を行うのは自国に一番有利な選択かもしれない。

名作”三国志 Three Kingdoms”を無料で視聴する方法

三国志は映画やドラマなどいろいろな作品がありますよね!

その中でも本場・中国で制作された”三国志 Three Kingdoms”は名作との呼び声が高く、管理人自身自信をもってお勧めできる三国志ドラマです。

実はYouTubeなどにもあるにはあるんですが、全部の話はなくとびとびの話しかなかったり違法行為なので運営から削除されて見れなくなったりしています。

ですが、FODプレミアムに登録すると”三国志 Three Kingdoms”の全話が見れて一か月以内に解約さえすれば料金は全くかからないんです。

 

\一か月無料プラス100p付き/

FODプレミアムで”三国志 Three Kingdoms”を無料で視聴する

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です